虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

なぁなさんの公開ページ

なぁなさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、女2歳

なぁなさんの声

25件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 黒い涙  投稿日:2003/12/17
よるくま
よるくま 作・絵: 酒井 駒子
出版社: 偕成社
最初読んだ時は、可愛い絵本だな。という印象しかなかったのです。娘も普通に楽しんで、最初のフレーズ「あのね、ママ、きのうね〜」が気に入ったらしく、しばらく「あのね、ママ」がブームでした。
ところが、安藤パパの解釈を読んで、なるほど!!と全く違う感情でこの本を受け止めるようになりました。働くママの為の本だったのか!と。確かに、くまの子の気持ちが実は男の子の気持ちを投影しているようです。
今度、働くママ友にプレゼントしようと思いました!
娘は「くまの子の涙が黒いんだよ。」と言って、すごく気になっている様子・・・ 確かにどうして黒い涙なのか・・どう解釈していいものか・・・単純に夜の影だけだとは言いがたく・・・ 皆さんはどう思いますか?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 2歳のクリスマスにばっちり!  投稿日:2003/12/17
まどから おくりもの
まどから おくりもの 作: 五味 太郎
出版社: 偕成社
先日、絵本クラブで届いてからほぼ毎日、読み続けています。気に入って、気に入って仕方がないよう!!
それがこの前のリトミック教室の読み聞かせの絵本にセレクトされたものだから、もう娘は大興奮!!
中身はほとんど暗記しているものだから、先生と同時に読んじゃう、読んじゃう!!
他の子供達もとても楽しそうに見ていました。
仕掛けがついてる、五味さんらしいクリスマス絵本。
是非読んであげてみてください、気に入る事間違いなし!
今は2歳10ヶ月、クリスマスを理解し始めているので、サンタさんが本当にいると今年のクリスマスでばっちり演出する予定です!
参考になりました。 6人

自信を持っておすすめしたい 大自然に触れたくなる一冊です  投稿日:2003/09/21
14ひきのおつきみ
14ひきのおつきみ 作・絵: いわむら かずお
出版社: 童心社
今月配本の「絵本クラブ」で初めて「14ひき」シリーズを読みました。このいわむら かずおさんの「14ひき」シリーズはとても有名なので、存在はもちろん知っていましたが、買うまでには至っていなかったので、今回、届くのをとても楽しみにしていました。
読んで納得!!すごく良かった!!
まず、絵の構図がダイナミックで、普段、人間の目では見られないような視点から描かれていて、とても新鮮でした。
次にはやり色です。段々と暮れて夜になっていく森の風景にはとても感情移入してしまいました。
特に夕焼けのシーンはすごく心に残りました。
ページをめくるとなんともいえないピンクのような、紫のような・・・ 「もりがもえてる、やまがもえてる、そらがもえてる、みんなもえてる。」
こんな夕焼け、見た事ありますか?きっとこれが本当の夕焼けなんだろうな・・・それを見る、ねずみ達の顔、いい顔してるんです。きっと私もこんな顔して見るだろうな・・って。東京生まれの東京育ちで、私は見た事がありません。
今年の秋は、本物の夕焼けを、そしてまん丸の大きなおつきさんを、家族で絶対見に行こう!!と心に決めました。
今回は「絵本クラブ」に入っていて本当に良かった!と思いました。素敵な絵本に出会わせいただいてありがとうございました。ビデオも見てみたくなりました・・・
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい さすが芸大・・・  投稿日:2003/04/11
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
完璧な絵ですね〜。絵が上手って素敵な事です。子供が単純に喜ぶ横で、芸大ってやっぱりすごい(作者が芸大出身です)と見るたびに思ってしまいます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 目からうろこの一冊  投稿日:2003/03/27
いいこいいこ ハレンスレーベンのあかちゃ
いいこいいこ ハレンスレーベンのあかちゃ 作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン

出版社: 講談社
この絵本は娘が一歳になった頃くらいに、突然ペシペシと親や従妹をたたくようになってしまい、言ってもまだ解らない月齢だったので、どうしようかと頭を悩ませていた時に、主人が突然買ってきたものです。なるほど!やめさせようと躍起になるよりも、「いいこいいこ」してあげる方が、数倍相手も自分も嬉しいんだよ!と教えてあげれば良いんだ!と。目からうろこの一冊でした。すると本当にどうでしょう!効果てき面というか、すぐにではなかったとは思いますがたたかなくなり、二歳になった今では、親はもちろん、お友達にもぶったり、たたいたり、という事は一度もしていません!
発想の転換というのでしょうか、「たたいちゃダメ!」という前に、この絵本を読んでみてあげて下さい。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 数字覚えのバイブル!?  投稿日:2003/03/27
1、2、3どうぶつえんへ
1、2、3どうぶつえんへ 作・絵: エリック・カール
出版社: 偕成社
娘は今二歳二ヶ月ですが、10までの数字が完璧に解ります。何をするにも早い子ですが、これには親も驚きました。何を隠そう、この絵本のおかげです。無理に教えこもうとした訳でもなく、絵本を見ているうちにすんなりと覚えてしまいました。犬の絵と見て犬だと認識するように、1を見て1だと認識して覚えていったようです。皆さんも試してみてください!
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う リアルな手触りと絵  投稿日:2003/03/27
さわってあそぼう ふわふわあひる
さわってあそぼう ふわふわあひる 作・絵: M.ヴァン・フリート
出版社: あかね書房
姉から譲りうけたので知らなかったのですが、この絵本は割と定番な絵本らしいのです。確かに、ふわふわ、もこもこ、とリアルな感触が楽しめます。それにあわせて絵も割とリアルです。私がかえるが苦手なので、リアルな感触と絵のかえるのページは苦手なのですが、それは親の勝手で、子供はとても楽しんで見ています。子供に変な先入観を与えてはいけないので、私がかえるのページが苦手な事は内緒なんです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 鮮やかな色彩が魅力です  投稿日:2003/03/27
あかい ふうせん
あかい ふうせん 作・絵: イエラ・マリ
出版社: ほるぷ出版
この絵本も娘が通うリトミックスクール(親子リトミック)で出会いました。リトミックスクールでの読み聞かせに選ばれる絵本はどれも子供達が食い入るように見ています。
うちの娘も私の膝に座ったまま毎回じーっと見ています。この絵本は文章がなく絵だけのものですが、白地に鮮やかな赤色の風船が色々な形に変わっていきます。読み手によって取り方も色々です。不思議な魅力のある絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ユーモラスなおやすみ本  投稿日:2003/03/27
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん 作・絵: ペギー・ラスマン
訳: いとう ひろし

出版社: 徳間書店
我が家ではビデオから入って、その後絵本を読みました。はっきり言って、ビデオの方がお勧めです。でも、絵本は海外ではとても有名だそうですね。おやすみネタの本はいくつもありますが、人気の物ってやっぱりなんとも言えない魅力があります。この絵本は発行も新しいし、まだあんまり日本では知られてないと思いますが、なんだかおかしな一冊なので読んでみてあげて下さい。子供はきっと好きになると思いますよ。うちの娘も大好き!ビデオも見てみて!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めてのクリスマス絵本に最適  投稿日:2003/03/27
コロちゃんのクリスマス
コロちゃんのクリスマス 作・絵: エリック・ヒル
訳: まつかわ まゆみ

出版社: 評論社
この絵本は娘が通っているリトミックスクールの絵本の読み聞かせの時に初めて見ました(親子リトミック)
毎週違う絵本を先生が選んで読んでくれます。リトミックに通い始めた最初のクリスマスだったので、どんな絵本か楽しみにしてました。お話はとても簡単です。まだクリスマスを理解していなくても、一歳位の子供が大好きなしかけも付いていますし、とても良いと思いました。
参考になりました。 0人

25件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット