となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ぽぽろんさんの公開ページ

ぽぽろんさんのプロフィール

ママ・30代・長野県、女6歳 男4歳

ぽぽろんさんの声

673件中 61 〜 70件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 大きい子向け?  投稿日:2004/07/11
いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー
いつもちこくのおとこのこ−ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー 作: ジョン・バーニンガム
訳: たにかわ しゅんたろう

出版社: あかね書房
ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー、なんて長い名前でしょう。これが繰り返し出てきてこういうのは苦手で、パパにお願いしました。

遅刻の理由はありえなさすぎ!でもウソを言ってるわけじゃないのに、先生の頭ごなしのしかり方がイヤです。罰まで受けて、とっても気分悪くなってきました。ラストではやったね!とすっきりしました。
子供たちは「へんだねー。」なんて言いながらももう一回とせがんでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ウンチがいっぱい!  投稿日:2004/06/14
ずら〜りウンチ ならべてみると…
ずら〜りウンチ ならべてみると… 作: 西川 寛
絵: 友永 たろ

出版社: アリス館
ウンチの絵本は、なぜか下の子が大好きです。これは図鑑みたいにウンチが写真なので、読む場を考えないとちょっと・・・。
色々な動物のウンチのでき方が図解されていて、なかなか勉強になります。細かく説明されているので、子供には難しいですが、見ているだけでとても楽しいようです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 中にはいってみたい!  投稿日:2004/06/12
そらいろのたね
そらいろのたね 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
長女が保育園で借りてきました。昔見たことがあって、とても懐しかったです。
タネからおうちが咲くなんて不思議。それがどんどん大きくなって、中にたくさん入っていく様子はとてもワクワクします。ぐりとぐらまで登場していて、子供たちも大喜びでした。欲張りキツネ君がいやーな感じですが、のびている姿もおかしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 今の時期に。  投稿日:2004/06/12
復刻版 ちいさいモモちゃん3 あめこんこん
復刻版 ちいさいモモちゃん3  あめこんこん 作: 松谷 みよ子
絵: 中谷 千代子

出版社: 講談社
新しい傘と長靴で遊びたくて仕方のないモモちゃんがかわいいです。「あめこんこん ふってるもん・・・」の歌もリズミカルで楽しいです。カエルやカタツムリとお友達になれ、なんと最後には・・・。雨の日も楽しいなあと感じさせてくれます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「けいこちゃん」がいっぱい!  投稿日:2004/06/12
けいこちゃん
けいこちゃん 作: あまん きみこ
絵: 西巻 茅子

出版社: 福音館書店
仲良しの「おおきいけいこちゃん」と「ちいさいけいこちゃん」がいました。ちいさいけいこちゃんがおおきいけいこちゃんに電話をしたら、「くものこのけいこちゃん」や「くまのこのけいこちゃん」など間違ってたくさんのけいこちゃんにつながってしまいます。
次はどんなけいこちゃんかな?と期待させてくれます。同じ名前の人と知り合うと、なんだか親近感わくような感じがよくわかります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいい!  投稿日:2004/06/03
にんじんさんがあかいわけ
にんじんさんがあかいわけ 作: 松谷 みよ子
絵: ひらやま えいぞう

出版社: 童心社
ニンジン、大根、ごぼうがなんでその色なのか、なるほど〜と思います。野菜がお風呂に入るっていうのも面白いです。口調も優しくかわいらしくて、さいごの「とっぴんぱらりのぷう」がいい終わり方です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絵が面白い!  投稿日:2004/05/31
かぞえうたのほん
かぞえうたのほん 作: 岸田 衿子
絵: スズキ コージ

出版社: 福音館書店
不思議な魅力のスズキコージさんの絵が印象的。6種類の数え歌がありますが、どれもへんてこです。簡単なので、子供たちもすぐ覚えて読んでます。
「ひのたまかぞえうた」の絵は、七夕飾りでよくやるような、色紙を半分に折って切り抜いて作る対称のもので、とても個性的で面白いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんとうにごちゃまぜ!  投稿日:2004/05/29
ごちゃまぜカメレオン
ごちゃまぜカメレオン 作・絵: エリック・カール
訳: やぎた よしこ

出版社: ほるぷ出版
これはほかのエリック・カールさんの作品とは違った味わいがあります。見慣れたあの独特な絵とは全く違ったクレヨン描きのもの。子供のイタズラがきのようなのが面白いです。
色々な動物みたいになりたくて、カメレオンにたくさんのパーツが増えていく姿は、なかなか滑稽です。まさにごちゃまぜ!最後のページで虹になっているところは、さすがといった感じです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょうちょの結婚式  投稿日:2004/05/29
サラダとまほうのおみせ
サラダとまほうのおみせ 作・絵: カズコ・G・ストーン
出版社: 福音館書店
このシリーズは子供たちが大好きです。小さな虫たちの健気な行動がかわいらしい。イモムシがチョウになる様子や、カタツムリがキラキラした跡を残して進むなど、虫の細かな特徴をとらえてあって、本物を見つけに行きたくなります。ストーリーも冒険もので、子供たちはワクワクして聞いています。ちょうちょの結婚式が手作りっぽくてあたたかいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かめは「む」?  投稿日:2004/05/29
とりかえっこ
とりかえっこ 作: さとう わきこ
絵: 二俣 英五郎

出版社: ポプラ社
さとうわきこさんの絵本だと思ったけど、絵は別の方なので、とても新鮮でした。紙の質もなんだかいい感じ。
お話は声を交換していくという不思議なもので面白いです。かめの声ってどんなのかしら?と思ったら、「む」がいいですね。最後のお母さんニワトリの反応がおかしいです。下の子は、小さな虫をいろいろ見つけるのが楽しいようです。
参考になりました。 0人

673件中 61 〜 70件目最初のページ 前の10件 5 6 7 8 9 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット