もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ayanoriさんの公開ページ

ayanoriさんのプロフィール

ママ・40代・広島県、女の子11歳 女の子9歳

ayanoriさんの声

121件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 可愛くて楽しい  投稿日:2016/06/25
やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち
やさいのがっこう とまとちゃんのたびだち 作: なかや みわ
出版社: 白泉社
やさいのがっこうには、たくさんのやさいたちがいます。
みっつのよし!がそろったやさいたちは、やさいのがっこうを旅立ちます。
その中で、とまとちゃんは自分が旅立つときはまだかまだかと楽しみにしています。
とまとちゃんとは正反対の環境で育つ、クレソンくんやみょうがちゃんも登場して、とても目が話せない、楽しいお話になっています。
大人のわたしも一目見て気に入り、子供達も最後まで興味津々で聞いていました。

どんぐりむらシリーズもくれよんのくろくんシリーズも全部持っていて、どれも楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 落ち着く  投稿日:2016/06/25
ぼくの ベンチに しろいとり
ぼくの ベンチに しろいとり 作・絵: 葉 祥明
出版社: 至光社
白い胴の長い犬ジェイク。
大好きなベンチに白いことりがきた。
ジェイクは座らないでーと思っている。
逃げたことりは空へ飛んでいった。
ことりは、遠い国からやってきたけど、仲間とはぐれて1人。
でも車が多かったりと、自由に飛ぶことも出来ない。
ジェイクはことりと一緒に仲間を探した。

この物語全体ののんびりゆったりとした空間が流れる感じがとても落ち着きます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい  投稿日:2016/06/25
FEELINGS(フィーリングス) きもち・かんじの えほん
FEELINGS(フィーリングス) きもち・かんじの えほん 制作: コローロ
出版社: 赤ちゃんとママ社
文章1行と絵で感情を表現されています。
日常使っている表現ばかりで、子供にはとてもわかりやすく、楽しく読めます。
読んでいると、こちらも絵本に夢中になってしまいます。
感情を出して読むと、もっと楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かわいそう  投稿日:2016/06/09
かわいそうなぞう
かわいそうなぞう 作: 土家 由岐雄
絵: 武部 本一郎

出版社: 金の星社
戦争中、上野動物園で三頭のゾウが亡くなるお話。
戦争中の空襲により動物が逃亡したときのことを考え、ライオンなどの猛獣が殺された。
その中でゾウだけを残したが。
そのゾウ3頭には、毒の入った餌を与えるが、象たちは餌を吐き出してしまい、その後は毒餌を食べないため殺すことができない。
仕方なく餌や水を与えるのをやめ餓死するのを待つことにする。
ゾウたちは餌をもらうために必死に芸をしたりして喜ばそうとするが、順に餓死していく。

これは本当にあった悲しいお話。

子供が自分で借りてきた絵本。
読んであげると、ずっと聞き入っていた娘。
ほんとうにあった話か、、、と絵をずーっと見つめて聞いていました。

子供から大人、みんなで読み、語り継がれていけばよいなと思う絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい!  投稿日:2016/05/02
ごりらのごんちゃん
ごりらのごんちゃん 作・絵: 馬場 のぼる
出版社: PHP研究所
ごりらのごんちゃんが輪投げに挑戦!
普通の輪っかではなかなか成功しないので、あるもので挑戦!
すると面白いほど成功するのです。
いろんな動物に投げて楽しんでいるごんちゃん。
最後には自分が・・・
リズム感よく読めるので、楽しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 知育絵本!  投稿日:2016/05/02
としょかんへ いこう
としょかんへ いこう 作: 斉藤 洋
絵: 田中 六大

出版社: 講談社
としょかんはどういうところなのか?どんなものがあるのか?
どんな人がいるのか?
ただ読むだけではなく、いろんな思考がこらしてあって、飽きないで楽しみながら読める絵本です。
迷路、クイズ、間違い探しなどなどをしながら読んでいきます。
娘たちは何度も繰り返し読んでいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素直な気持ち  投稿日:2016/05/02
さっきはごめんね
さっきはごめんね 作: 山本 なおこ
絵: 渡辺 有一

出版社: PHP研究所
つぼみちゃんは、とってもあいさつ上手な女の子。
となりの家に大好きな男の子が住んでいます。
でもある日、喧嘩をしてしまうのです。
お花を摘みながら、大好きな気持ちを確かめて・・・
仲直りをする過程もキュンとしますが、素直に謝ることが出来たつぼみちゃん、うちの娘もそんな風に誤ることが出来る子になって欲しいと、読んだ絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 幸せな気持ちになります  投稿日:2016/05/02
きになるともだち
きになるともだち 作: 内田 麟太郎
絵: 降矢 なな

出版社: 偕成社
オオカミとキツネシリーズ。
今回のオオカミさんは、気になる女の子ができました。
その女の子の名前はヤマネさんです。
ヤマネさんは、ひたすら寝ることが大好きな女の子。
オオカミさんは、そんな女の子を好きになってしまうのです。
照れながらもヤマネさんを思い続けるオオカミさん。
キツネさんたちが、お月見会にヤマネさんを招待してくれました。
ちょっとした冗談も組み入れられていて、楽しく、ほんわか読むことが出来ました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ねずみの活躍  投稿日:2016/05/02
ねむいねむいねずみとどろぼうたち
ねむいねむいねずみとどろぼうたち 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: PHP研究所
旅するねずみがある家で活躍するお話。
ねずみはただ寝るところを探していただけのところに、どろぼうが入ってきました。
だれもいないはずの家で物音がしたり、靴の紐を結ばれたり、どろぼうにとっては驚くことばかり。
ねずみの活躍でどろぼうは逃げていくことになりました。
そのねずみの自然な行動が、とても楽しく面白く描かれていると思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんわか気分  投稿日:2016/05/02
あかちゃんになったおばあさん
あかちゃんになったおばあさん 作: (日本むかしばなし)
文・絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
おじいさんが、山へ薪を拾いに行ったとき見つけた滝。
その水を飲むとじいさんは若返りました。
驚いておばあさんに飲んでみなされ、と言うと おばあさんは・・・
日本むかしばなしのひとつですが、いもとようこさんの絵で読むと、いっそう楽しく読めます。
とても可愛く素敵に描かれているので、良かったです。
参考になりました。 0人

121件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット