あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

ayanoriさんの公開ページ

ayanoriさんのプロフィール

ママ・40代・広島県、女の子11歳 女の子9歳

ayanoriさんの声

121件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ももいろのキリンが!  投稿日:2015/06/26
ももいろのきりん
ももいろのきりん 作: 中川 李枝子
絵: 中川 宗弥

出版社: 福音館書店
るるこはおかあさんからとても大きい桃色の紙をもらいました。
その画用紙いっぱいに、首の長い大きなキリンを描きます。
大きな口や目を描くとそのキリンはおしゃべりを始めることができました。
とても楽しくなってきたるるこは、一緒に走ったり、キリンの背中に乗ったり、いろんな動物にであったりといつも一緒に行動しました。

全体的にピンクと黒色で、お話も楽しく、吸い込まれていく絵本です!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大好きなもうふ  投稿日:2015/06/26
ジェインのもうふ
ジェインのもうふ 作: アーサー・ミラー
絵: アル・パーカー
訳: 厨川 圭子

出版社: 偕成社
ジェインという女の子には、赤ちゃんのころから大好きなピンクでふんわりしているあったかい毛布があります。
いつでもどこでも一緒の毛布。
ミルクを飲むときもお昼ねをするときも遊ぶときもいつも一緒です。
どんどん大きくなってくるジェインとともに、毛布もどんどんボロボロになっていきます。
それでも「あたしのもーもがほしいのよー」と。
どんどんちぎれてしまって、ちっぽけな毛布になりました。

うちの娘もいつも昼寝で使っていた毛布があります。
遊ぶときにもお人形にかけてあげたり、アンパンマンのマントにしたり。
子供の時には毛布が落ち着くのでしょうか。
いつの間にか使わなくなってしまった毛布。
少しさびしい気もしますが、成長を感じます。

とても暖かい絵本だな、と思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 面白い!  投稿日:2015/06/26
かいじゅうでんとう
かいじゅうでんとう 作: 木村 裕一
出版社: あかね書房
妹に借りたミニゲームを無くしたぼく。
探しに行った道端の雑草の中にキラッと光るものを見つけた。
懐中電灯。でも、スイッチをいれると、へんてこな怪獣が出てきた!
ミニゲームも見つかり、何でも見つけてくれる、怪獣。
でも、ある日のことがきっかけで、でてこなくなり、でも勇気を出していわなきゃいけない場面にでくわし。
でも不思議とぼくはなぜか勇気がを出せた。
ぼくに勇気と自信をださせるためにかいじゅうでんとうが出現したのかなーと思いました。
不思議なお話だけど、とても面白く読めました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい しっぽに!  投稿日:2015/06/26
おさるはおさる
おさるはおさる 作・絵: いとう ひろし
出版社: 講談社
みなみのしまにすんでいる、おさる。
のんびりみんなと過ごしているおさる。
ところがあるひ、かにがおさるの耳を。。。
おじいちゃんにこの話をすると、おじいちゃんも昔、おじいちゃんのしっぽに。。。
そのうち、耳から離れたことも忘れ、楽しく過ごしていたおさる。

面白く楽しい絵本。
笑いがほしいときに読むともっと笑えると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う すごすぎる!  投稿日:2015/06/26
算数の呪い
算数の呪い 作: ジョン・シェスカ
絵: レイン・スミス
訳: 青山 南

出版社: 小峰書店
ほんとうにスゴイ本だ!
衝撃だ!
算数の基本すべてがわかるような気がしてくる。
まだまだ知らないことがたくさんあったんだなーと思う。
大人も楽しめて勉強になる本。
一冊あれば、とても楽しみながら役にもたつ本だと思った。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おもしろいねこたち  投稿日:2014/12/04
11ぴきのねことぶた
11ぴきのねことぶた 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
11ぴきのねこたちは、ある小屋を見つけます。
かなり汚れていた小屋を掃除して住むことにするのですが。
ある日、ぶたがおじいさんの家を探してやってきました。
その家は実は・・・
みんなで、その家の隣に丸太などでぶたに家を作ります。
かなりの出来が良かったので11ぴきのねこたちが住むことにしました。
しかし・・・

ねこたちの要領のよさや、お話の終わり方など、とても気に入ってます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いつも楽しいわんぱくだん  投稿日:2014/12/04
わんぱくだんのにんじゃごっこ
わんぱくだんのにんじゃごっこ 作: ゆきの ゆみこ 上野 与志
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひさかたチャイルド
ある日わんぱくだん3人が、公園でにんじゃごっとをしていました。
すると、転げ落ちた先は、昔のおさむらいの時代!
これから本格的なにんじゃ体験が始まります!

わんぱくだんシリーズ大好きな子供たち。
他のシリーズも見たことありますが、いつも3人でいろんな体験をして、こちらまでワクワクさせてもらってます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しい!  投稿日:2014/12/01
くろくんとふしぎなともだち
くろくんとふしぎなともだち 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
くれよんのくろくんが散歩にでかけます。すろと、バス、船、などに出会い道路や波をくろくんが描いて、バスや船くんに走ってもらいます。
いつも散歩にでかけて、頭が磨り減るくろくんをみんなが不思議がり、今度はみんなと散歩にでかけ、であったものは。。。

絵もとても可愛いし、くれよんくんたちの掛け合いもお話も面白くて、最後まで楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 最後まで目が話せない  投稿日:2014/12/01
くろくんとなぞのおばけ
くろくんとなぞのおばけ 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
朝目覚めるたびに、くれよんくんの誰かがいなくなってしまいます。
その招待はおばけかも?ということで、おばけを待っているのですが、待ってる間に眠ってしまいます。
とうとう、くろくんだけが残ってしまい、みんなを探しに行きます。
みんなで協力して絵をかくことで、素敵なものが見ることができます。

ほんとうに絵が素敵で、最後まで目が話せなくて楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なぞのあしあと  投稿日:2014/12/01
ぐりとぐらのおきゃくさま
ぐりとぐらのおきゃくさま 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
雪の中をぐりとぐらは散歩していました。
すると、大きなあしあとをみつけます。
たどり着いた先はぐりとぐらの家。
いったい誰が来ているのか、家の中を探っていきます。

ぐりとぐらシリーズ、大好きで、心温まる絵本だと思います。
子供も大好きでよく、読んで〜と持ってきます。
参考になりました。 0人

121件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット