まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

かぼちゃプリンさんの公開ページ

かぼちゃプリンさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男2歳 女0歳

かぼちゃプリンさんの声

78件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おっぱい飲んでたんだよ。  投稿日:2009/09/30
みんな おっぱい のんでたよ
みんな おっぱい のんでたよ 作: 木坂 涼
絵: 木村 しゅうじ

出版社: 福音館書店
妹が出来て、おっぱいを飲んでいるのを、
静かに見てくれている2歳の息子に
小さい頃は息子も飲んでたんだよと伝えたくて
この本を読みました。

赤ちゃんじゃないから・・・
でもほらねこくこくおっぱいのんでるよ。
と読むと、
息子は甘えるように私にくっついてきて、
「こくこくおっぱいのんでるね」
とうれしそうにしています。

最後に人間が出てきて欲しかったなーと残念に思いますが、
母と子の絆ってステキだなと感じる1冊です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 一人で読んでます。  投稿日:2009/09/29
もこ もこもこ
もこ もこもこ 作: 谷川 俊太郎
絵: 元永 定正

出版社: 文研出版
1歳ぐらいのときに図書館の読み聞かせの会で
読んでもらったときはこの本にあまり興味を
示さなかったのですが、久しぶりに借りてみたところ、
とても反応がよくてびっくりです。

何度も読んで読んでと持ってくるので、
そのうち覚えてしまって一人でも「もこもこ。にょき」
と言って喜んでいます。

息子には何に見えているんでしょう?
想像力をかきたてられる絵本ですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やまあらしが何だかかわいい。  投稿日:2009/09/29
こちょ こちょ こちょ
こちょ こちょ こちょ 作: 内田 麟太郎
絵: ながの ひでこ

出版社: 童心社
こんにちは
こちょこちょこちょ

さっちゃんはかえるやライオンをくすぐります。
そこにやまあらしが「ちくんするぞ」とやってきたので、さっちゃんは逃げます。
さっちゃんはこわーいお化けやビルまでもくすぐります。
そしてさっちゃんが疲れて眠っていると、針を寝かしたやまあらしが「こちょこちょしてよー」とやって来るというお話です。

息子はこちょこちょこちょに大喜び。何度も読まされてます。

威勢のよかったやまあらしが最後に「こちょこちょしてよー」と来るところが、最近少し反抗的な息子のようでかわいらしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 想像力豊か!  投稿日:2009/09/27
にんじんロケット
にんじんロケット 作・絵: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店
うちの息子は、いろいろなものを他の何かに見立てて遊ぶことが多いので、この本を図書館で見かけて、タイトルを見て、あ、息子と一緒!と思い、借りました。

マヨネーズのいれもの、おじいちゃんのめがね、などなど何に見立てるんだろう??ととてもおもしろく読めました。
1回目に読んだときは、息子も「なんだー?」と言いながら、楽しそうに聞いていました。
2回目以降は、「くるま!」、「じてんしゃ!」と答えを大きな声で叫んでいます。

息子は乗り物が大好きなので、見立てるものが乗り物なのもよかったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くだものおいしそう!  投稿日:2009/09/27
くだものぱっくん
くだものぱっくん 作: 真木 文絵
絵: 石倉 ヒロユキ

出版社: 岩崎書店
2歳の息子に読みました。
以前、「ころころおむすび」という絵本を読んだときに反応が良かったので、同じシリーズのこちらを選びました。

いちご、バナナ、ぶどう、りんご、みかんをぱっくん。あ〜おいしい。
わかりやすい文章と見開き1ページにひとつのくだものが描かれているので、子供も最初から反応がいいです。

果物や動物を覚える1歳ぐらいの子にオススメの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 身体をうごかす絵本!  投稿日:2009/09/27
できるかな?あたまからつまさきまで
できるかな?あたまからつまさきまで 作・絵: エリック・カール
訳: くどう なおこ

出版社: 偕成社
お友達のオススメだったので、図書館で借りてきました。

これ、いいですね!
息子は一生懸命に動物の真似をしています。
こんなに身体を動かす絵本は初めてです。
下の娘が小さいのでなかなか外に出られないので、このような絵本があるととても助かります。

この絵本は、動物がたくさん出てくるし、カラフルなので、小さい子にもオススメですが、1歳児〜のほうがより楽しめそうです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う お手伝いしたいんだよね。  投稿日:2009/09/25
おでかけのまえに
おでかけのまえに 作: 筒井 頼子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
お友達に薦められたので、お手伝いが大好きな2歳の息子に読みました。
お出かけ前の忙しさなど子供には関係ないんだよねーと共感する場面が多くあります。
でも私はもっと相手をしてあげればいいのにと、あやこちゃんの両親がなんだか冷たいと感じてしまいました・・・
息子はかなり慎重派さんなので、あやこちゃんみたいなことはしないからかもしれません。

息子もそれほど興味を持つわけでもなく、我が家では登場回数の少ない絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う よいしょよいしょ!  投稿日:2009/09/25
バルンくんとおたすけ3きょうだい。
バルンくんとおたすけ3きょうだい。 作・絵: こもり まこと
出版社: 福音館書店
乗り物大好きな息子が図書館で選びました。
バルンくんを前に読んだのを覚えていたのか、1ページ目から「バルンバルーン!」。
がけくずれに駆け付けたおたすけ3きょうだいの動きに合わせて、「ブルブル、グイーン、ドサッ、よいしょよいしょ」と連呼しながら身体を動かして大興奮です。

名前は知っていても、ブルドーザーとダンプカーの役割を知らなかった息子にとっては新たな発見があった1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 早く歩けるようにならないかなー  投稿日:2009/09/24
くつくつあるけ
くつくつあるけ 作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店
4ヶ月の娘に図書館で借りてきました。
娘は、「くつくつ、・・・」と読むとにっこり。
「あーうー」と嬉しそうに声をあげています。

また、2歳の息子が読んでと持ってきたので、読んだところ、
「くつくつ、ぴょーん!」
「くつくつ、ごろん!ころんじゃったー!!」
と、自分がくつになった気分で楽しんでいます。
小さい子向きだから息子にはどうかな?と思ったのですが、十分楽しめました。

娘が歩き始める頃にまた読んであげたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ながーいパン!!  投稿日:2009/09/23
ねずみさんのながいパン
ねずみさんのながいパン 作: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
ねずみさんがとっとことっとこながいパンを持って走ります。
どこへ行くの??
いろいろな動物のおうち(その動物の形をしているのがいいです!)をめぐって、それぞれの動物たちのおいしそうな食卓の風景を眺めながら、無事にねずみさんの家族のおうちにたどり着きます。

息子はねずみさんが身体よりもかなり大きいパンをとっとことっとこ運んでいる姿が好きなようで、「ながーいパン!ねずみさん、がんばってー!」と読むたびに大きな声で声援を送っています。

それにしてもねずみさんの家族の多いこと!!
パンとチーズがとてもおいしそうです。
ごはんをみんなで食べている風景が幸せな気分になる1冊です。
参考になりました。 0人

78件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット