くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

エホンノココロさんの公開ページ

エホンノココロさんのプロフィール

ママ・30代・千葉県、女6歳 男4歳

自己紹介
6歳の娘と5歳の息子のママです。いつも明るく,楽しく,元気!を大切に過ごしています。
好きなもの
田舎に越して2年になります。前のところでは図書館へ行っても本が貸出中ばかりで,購入していました。でもこちらに来てからは図書館に本がつねにあるのでどうしても欲しがった本だけを購入しています。最近では2箇所の図書館でネットで予約をして借りているので、週に20冊くらいは借りています。最低2回読むようにしていますが、娘・息子の好みがわかるのが面白いです。
ひとこと
この絵本ナビをいつも参考に,新しい絵本を探し求めに遊びにきます。いろいろな感想の人を参考に自分と合いそうな人のページを見せてもらって次に読ませる絵本の参考にしています。絵本ナビの紹介してくれる本を参考に図書館に予約をいれています。

エホンノココロさんの声

376件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい たくさんの楽しみ方ができます。  掲載日:2007/5/4
おじいさんならできる
おじいさんならできる 作・絵: フィービ・ギルマン
訳: 芦田 ルリ

出版社: 福音館書店
こんな素敵なおじいさんがいたらいいな〜と思います。
絵本では、いろいろな楽しみ方ができます。
絵のほかの部分や、あまったきれで少しづつ増えていくねずみのお家がとても面白いです。
絵もやわらかい感じがして、寝る前の読み聞かせにいいと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 男の子だったのね〜!!  掲載日:2007/5/4
そら はだかんぼ!
そら はだかんぼ! 作・絵: 五味 太郎
出版社: 偕成社
五味先生らしいです!!
と言うか、やっぱりおもしろい。
絵と文と、とても分かりやすいところがいい所だと思いました。
最後にライオンとくまのきぐるみを脱いだらなんと男の子が!!
息子が喜んで何度も読んでいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 人間の世界も・・・。  掲載日:2007/5/4
あしなが
あしなが 作・絵: あきやま ただし
出版社: 講談社
他と違うということ、見た目で判断してはいけないということなど、学び取る部分が多い絵本です。
子供達も、仲間になるページではとても嬉しそうにしていました。
勘違いがあったとしても、ちゃんともう一度考えられる仲間たちを分かりやすくかいているところがとてもいい所だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 男の子らしい表現  掲載日:2007/5/1
まほうのマフラー
まほうのマフラー 作: あまん きみこ
絵: マイケル・グレイニエツ

出版社: ポプラ社
読んでいて男の子らしい表現と力強さが伝わってきます。
息子も娘もマフラーいいな〜と言っていました。
お父さんが空から見てる、という部分がとても印象強く、いいところだと思いました。
あまんさんらしい、言葉もまた素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 現実として受け入れてほしい。  掲載日:2007/4/30
わたしのいもうと
わたしのいもうと 作: 松谷 みよ子
絵: 味戸 ケイコ

出版社: 偕成社
読む時期が早すぎたのかな?と思いましたが、内容でわかりずらいところでは、娘もちゃんと質問してくれました。
もう少し大きくなって、また借りたいと思いました。
いじめはいつの時代もあると思うのですが、心の病気や命の危険までに発展する恐ろしさを教えてくれる絵本です。
おりがみを折りながら涙するお母さんの気持ちを痛いほど伝わる部分がとてもいいところだと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵がすべてを語る!  掲載日:2007/4/29
アンジュール ある犬の物語
アンジュール ある犬の物語 作: ガブリエル・バンサン
出版社: BL出版
絵だけですが、絵だけで十分という感じでした。
大人向けかな?と思いましたが、娘や息子は祖父母の犬とだぶらせてみていました。
絵を見てるだけで、その状況が分かり、自然と心の中で文が湧き出てくるところがいいところだと思いました。
絵も犬が生き生きと描かれていて素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 料理ができるお姫様  掲載日:2007/4/29
毛皮ひめ
毛皮ひめ 作: シャーロット・ハック
絵: アニタ・ローベル
訳: 松井るり子

出版社: らんか社
お友達にすすめられて借りました。
娘がとてもお料理が上手なこと、それがきっかけで王子様と幸せになれます。
お料理が上手な人って素敵なんだな〜と娘は感じたようです。見た目だけではなく、心の温かい人の作った料理はとてもおいしいという事が分かる部分がとてもいいところだと思いました。
絵も絵画のようで素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分もパイロット気分。  掲載日:2007/4/29
ちいさなひこうきの たび
ちいさなひこうきの たび 作・絵: みねおみつ
出版社: 福音館書店
先日ある施設でパイロット体験をした息子が、表紙を見て借りました。
読んでいて、自分がパイロットになった気分なようで、いろいろと想像しながら聞いているようでした。
娘の反応はいまいちでしたが、男の子の憧れの1冊だと思いました。
滑走路に着陸する場面が絵を見てるだけで、自分も飛んでいるような気持ちになれるところがとてもいいところだと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夢物語  掲載日:2007/4/29
おどる12人のおひめさま
おどる12人のおひめさま 作: グリム童話
絵: エロール・ル・カイン
訳: 矢川 澄子

出版社: ほるぷ出版
娘に読み聞かせたくて借りました。
贅沢な絵と夢の中の世界のような内容がとても素敵でいいです。
秘密めいて、神秘的な物語の内容がとても面白いです。
息子も真剣に聞いてくれました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お姫様への道  掲載日:2007/4/29
のはらひめ おひめさま城のひみつ
のはらひめ おひめさま城のひみつ 作: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店
お友達から娘へのプレゼントで頂きました。
いろいろなお姫様がでてきて、どんな風にしたらなれるのか?とかどんな訓練をしたらこんなお姫様になれるのか?とかが暖かくまじめに書かれています。
読んでいて自分も納得な内容がとてもいいと思いました。
色合いが淡い感じで作者の優しさを感じられる絵本です。
参考になりました。 0人

376件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット