もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

脇田 和(わきたかず)

脇田 和(わきたかず)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

迷子の天使

迷子の天使

作:石井 桃子  絵:脇田 和  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,800+税  
発行日:1986年  ISBN:9784834006933
おだんごぱん

おだんごぱん

作:(ロシア民話)  絵:脇田 和  訳:瀬田 貞二  出版社:福音館書店  本体価格:¥1,200+税  
発行日:1966年5月1日  ISBN:9784834000573

2件見つかりました

脇田 和(わきたかず)さんの作品のみんなの声

  • 保育園で貸し出しをしていたのをきっかけに読みました。「ぼくはてんかのおだんごぱん…」と言って、色々な動物たちから逃げ回るようすがとても面白かったです。繰り返しでてくるセリフが心地よく、子どもが覚えて真・・・続きを読む

  • ゆるキャラ?

    ロシアの昔話という事で、同じような絵本はよく見かけますが、中でもこちらは淡い色調で描かれたゆる〜い絵とリズミカルな文章が楽しい絵本です。 おだんごぱんの歌う歌は、歌というより少しラップのような感じで・・・続きを読む

  • オチに笑い

    おかしなパンのお話です。 口が達者なパンは出会うみんなをひらりと 交わし、次から次へと転がっていきます。 最初のおじいさんの切ない顔の絵は 少し笑ってしまいました。 ロ・・・続きを読む

  • 衝撃的な終わり方

    このお話は、おじいさんとおばあさんに作ってもらったおだんごぱんがおじいさんやおばあさん、色々な動物たちから食べられないように逃げてきたのですが、最後はキツネの話術に騙されてパクッと食べられてしまいまし・・・続きを読む

  • チャーミング♪

    娘が幼稚園から借りてきて読みました。 文章が長くて読むのは大変でしたが、 最後まで興味深そうに聞いてくれました。 昔っぽい、古風な絵が素敵。 最後はちょっとかわいそうだったけど、昔の話って ・・・続きを読む


お気に入りのくだものはどれ?

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット