ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
おすのつぼにすんでいたおばあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おすのつぼにすんでいたおばあさん

  • 児童書
作: ルーマー・ゴッデン
絵・訳: なかがわ ちひろ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2001年05月28日
ISBN: 9784198613600

小学校低中学年から
A5判/112ページ

7〜8歳 編集部おすすめ

みどころ

主人公のおばあさんは、「お酢の壷」によく似たせまい塔のような家で、猫のモルトとしあわせに暮らしています。そのようすは貧しいながらもていねいでとても魅力的。モルトでなくてもこのままずっとこうして暮らしていたいなと思えます。ところが、小さな魚を助けてあげたことから物語は一変。実は湖の王様だったその魚は、お礼に「あなたののぞみを、すべてかなえてあげましょう」と言うのです。最初は遠慮がちに「あったかい夕はんを、めぐんではくださいませんでしょうか」とお願いしたおばあさんでしたが、次第にエスカレートしていって……。

あっという間にほしいものも態度もどんどん大きくなっていくおばあさん。おまけに願いを聞いてもらっても、満足するどころか不満が募るばかり。とどまることをしらない人間の欲望をみせつけられるようです。おばあさんの変わり果てた様子に「あれはきのう……、つい、きのうのことです。」となげく魚の言葉に、私たちもはっとさせられます。

作者は『ねずみ女房』や『人形の家』など、幅広い世代にうったえる物語を残したイギリス人作家ルーマー・ゴッデン。ゴッデン家に4世代にわたって語り継がれてきた昔話に、あらたに猫のモルトを登場させてまとめたというこちらの物語も、やはり子どもから大人まで幅広い世代の心に響きます。たっぷり入ったなかがわちひろさんの挿絵も楽しく、まだ読み物にあまり慣れていない子でも、どんどん読めてしまうことでしょう。

なんだかこの話知ってる、どこかで聞いたことあるような?と思った方…、そう、こちらはロシアの昔話『金の魚』やグリム童話『猟師とおかみさん』とも似たお話。けれど結末はちょっと違うようですよ。ハラハラドキドキした後にはちょっとほっとするような優しくあたたかなエンディングをどうぞお楽しみ下さい。

(三木文  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

湖のほとりのお酢のつぼの形をした家に、おばあさんが貧しくても幸せに暮らしていました。ある日、助けてあげた小さな魚の王さまに、何でも願いをかなえてあげようといわれたおばあさんは、次第に欲が出てきてしまい…? 作者ゴッデンの家に代々語り継がれてきた昔話。豊富な挿絵が物語に奥行きを与えています。

ベストレビュー

人間の欲って・・・

おすのつぼにすんでいたおばあさん

とっても善良なおばあさんが、助けた魚に望みをなんでもかなえてあげるといわれ、
大変恐縮しながらも、
最初は夕食を、
次に家を、と、どんどんお願いしていくお話。

「金の魚」に似てるけど、こっちの話のおばあさんは善良そうだし、
魚にも遠慮がちにお願いしてるし、
大丈夫よね・・・?

と思いながら読み進めていったけど、
あれあれ、なんか危ない雰囲気。

息子の方もだんだん気付いてきたみたいで、
「おばあさんきっとこの願いで満足しないよ」とコメント。

そして私たちの悲しい予想通り、
最初のおばあさんの態度からは想像もできなくらい、
ごうつくばりの欲張りばあさんに。
しかも可愛がってた猫のモルトまで引っぱたく始末!

あ〜
やっぱこうきたか。
人間上をみたらキリがないね。

ため息で終わるかと思いきや、
最後は魚にあやまり、善良さを取り戻したおばあさん。
なんとか後味悪い終わりから逃れられて、ほっとした私たちでした。

あとがきに、「今ある幸せを幸せと感じることができる人が果たしてどのくらいいるだろう」とありましたが、
ほんとにそうだな、と。
上を見てもキリがない。
上を見て努力することは大切だけど、
今の幸せは感謝しながら生きていかないといけないな、とも、
オトナとして考えさせられた一冊でした。


(ムスカンさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルーマー・ゴッデンさんのその他の作品

帰ってきた船乗り人形 / クリスマス人形のねがい / ねずみの家 / 岩波少年文庫 人形の家 / 元気なポケット人形 / ふしぎなお人形

なかがわ ちひろさんのその他の作品

きょうりゅうたちのいただきます / にぎやかな えのぐばこ カンディンスキーのうたう色たち / ぶきみなよるのけものたち / ソーニャのめんどり / きょうりゅう きょうりゅう ミニブック(ボードブック) / ことりのおそうしき



ハッピーなおやすみのえほん!

おすのつぼにすんでいたおばあさん

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.82

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット