だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あがりめ さがりめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あがりめ さがりめ

  • 絵本
作・絵: いまきみち
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年3月25日
ISBN: 9784834010961

読んであげるなら 1才半から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

まだ言葉は出なくても、語りかける言葉の意味は、もうすっかり理解できるようになった1才前後の子に贈る、「あがりめさがりめ」や「いないいないばあ」遊びの絵本です。

ベストレビュー

目をぐるんと。

単純だけど面白い絵本です。「あーがりめ さーがりめ ぐるりとまわって ねーこのめ、いないいなーい ばー、いないいなーい ばー、いないいなーい ばー」 娘は,1度で気に入りました。 歌に合わせて, 手を動かし始める頃から長い間楽しめると思います。 最後のページの意外な展開に, 大人もケラケラ・・・!
我が家では, わらべ歌の導入にもなりました。
娘と一緒に笑う絵本です。 色使いは、ブルーナのような鮮やかさとは違い、ちょっとスモーキーであるような、でもチカチカと派手なような、なんとも言い表しにくい色合い。・・・これがまた、この人らしいいい味を出しています。
(ななみやさん 20代・ママ 女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いまきみちさんのその他の作品

ちびだこ たこらす / なぁんくくるん なぁんくくるん / ヒコリはたけにいく / とちのき / しっぽのきらいなネコ / ヒコリふねにのる



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

あがりめ さがりめ

みんなの声(45人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 41人

ママの声一覧へ

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット