もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ぴっちゃん ぽっちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぴっちゃん ぽっちゃん

  • 絵本
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

本体価格: ¥838 +税

「ぴっちゃん ぽっちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2008年06月13日
ISBN: 9784477019451

0歳〜3歳
20.5×17.7cm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

グレーの毛並みがとってもチャーミングなこねこ「プチュ」。
マイペースで好奇心旺盛、そんなキャラクターが表情から伝わってくるような。
いつものお散歩、「今日は雨がふってるね。」
読んでいくと、プチュと一緒に散歩しているような、ゆったりとした時間が始まります。
水たまりに映る自分の顔をのぞいていると、小さなありさん達がやって来て、
「こんにちは。」
雨の音を聞いてみたり、ちょうちょやかえるを観察したり・・・。
シンプルなストーリーと絵でも、こんなに温かな気持ちになるのは、
子どもの目線を感じたり、小さな生き物や自然への愛情を感じるからかもしれません。
そして、それは作者の作品全般を通じて感じる事ですね。
雨つぶ一つの色や形をとっても、こだわりを感じます。(音が聞こえてきそう!)
小さな子と一緒に遊んでいると感じる、ゆっくりとした「特別な時間」がここにはあるようです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ぴっちゃん ぽっちゃん

◆作者のaccototoさんが、絵本ナビ読者の方々へ、直筆メッセージを描いて下さいました!!

出版社からの紹介

こねこのプチュは、雨の音にさそわれて散歩にでかけます。葉っぱの裏で雨宿りするちょうちょや、かたつむりにカエル・・・・。
雨の日ならではのおともだちがたくさん登場します。
みんなでおうたを歌えば、キラキラ虹がかかります。

【編集者から】 かわいい動物と楽しいことばで、ゆううつな雨の日もにこにこ顔になる絵本です。やさしさがたっぷりつまった、ふくだとしおの世界―。
プチュといっしょに子どもたちも、自然の中からいろいろな発見ができるきっかけになればと思います。

ベストレビュー

じーっと見てる!じーっと聞いてる!

かわいいねこの絵と「ぴっちゃんぽっちゃん」という言葉に好反応。
表紙をみせたら、手をバタバタして喜んだので購入しました。
中身も、じーっと見て聞いて、飽きずに最後まで楽しんでいたので、びっくり。(いつもは途中で閉じたり折り曲げたりしてしまうので)
空を見たりみずたまりをのぞいたり、木に登ったり、ねこの動きがかわいいです。
それから、言葉は童謡みたいに楽しくてやさしいです。
今、一番お気に入りの絵本で、何度も何度も読まされています(笑)。
かたつむりさんやかえるさんを、お散歩の時にも見つけてあげたいな、と思いました。
(こぞうちゃんさん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


accototo ふくだとしお+あきこさんのその他の作品

あるこう あるこう あるこうよ / あかいのあつまれ / どうぶつ あいうえお リングカード / ポポくんのみんなでおすし / こぞうのズズ そらのさんぽ / だれのおうち?



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

ぴっちゃん ぽっちゃん

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット