虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
狂言えほん(3) かたつむり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

狂言えほん(3) かたつむり

  • 絵本
作: 内田 麟太郎
絵: かつらこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784591103661

小学校低学年〜
26cm x 22cm 36ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

かたつむりを見たこともないのに、とってこいと命じられた太郎冠者。偶然見かけた山伏を、「あれが、かたつむりどのだ」とかんちがいし、とんでもない展開に!

ベストレビュー

宇宙的に壮大なボケ

【内容】
尊敬するおじいさんがもっと幸せになり長生きするように、かたつむりを食べてもらおうと思ったお屋敷の主は、部下の太郎冠者になるべく大きなかたつむりをとってくるように命令する。かたつむりを知らない太郎冠者は、「藪に住み、頭が黒く、腰に貝をつけて、時々角を出す。長生きすると人ほどにも大きくなる」という言葉だけを信じて探し求めて歩くと、藪にそれらしき人がいた。その人にお屋敷までついてきてもらおうと声をかけ…だんだん妙な展開になり、収拾がつかなくなっていくシュールなギャグ絵本。
文:内田麟太郎
絵:かつらこ
※狂言の演目「蝸牛」(かぎゅう)を楽しくアレンジした作品です。

【感想】
あまりものを知らなすぎるのも考え物、といういい見本だと思う。
上司も部下の技量を考慮して、仕事を頼んで欲しい。部下もわからないものは、しっかり確認するべきだと、傍から見ていて思う。人間社会の基本的な構造はかわらないのだ。愚かな人はズルい人に騙されたり、バカにされたりする。悲しいことだ
。一生懸命やっているのに、悪い人に騙されている姿が哀れだ。
見どころは、絵。この作品は言葉も手書きのダイナミックな部分と、普通の印刷文字の部分があり、物語の雰囲気を盛り上げ、人物の気持ちを雄弁に物語る。
特に、太郎冠者がかたつむりの説明を聞いて、いろいろに想像を膨らませ、ますますわからくなっていく様子が素晴らしく面白い。
また、随所にかたつむりが登場しているので、それを捜すのも楽しい。本物のかたつむりが目の前にいるのに、全く気が付かない太郎冠者。舞台なら、客席からツッコミを入れたい。そして、アグレッシブに前衛的でありつつも伝統を踏まえたファッション!意欲的に攻めて楽しんでもらおうという心意気が、男前である。
ご期待ください。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内田 麟太郎さんのその他の作品

紙芝居 しくしくブタはわらうかな / とびますよ / うまはかける / なくのかな / はるの ごほうび / さよならともだち

かつらこさんのその他の作品

じごくにいったかんねどん / ねこ探!ねこもしゃべれば事件にあたるの巻 / まなつのみみず / すすめ!近藤くん / おおあたりぃ〜 / バナナこどもえん ざりがにつり



>絵本エイド ―こころにひかりを―

狂言えほん(3) かたつむり

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.63

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット