新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
ひらがなだいぼうけん

ひらがなだいぼうけん

  • 児童書
作: 宮下 すずか
絵: みやざき ひろかず
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年11月
ISBN: 9784033135601

出版社のおすすめ年齢:5・6歳〜
22cm×19cm/78ページ

出版社からの紹介

主人公は人間でもなく、動物でもなく・・・・・、なんと本のなかの文字たちです。開きっぱなしで置かれた本のページから、夜になるとそっとでてきて、あれやこれやのだいぼうけん。ぼうけんおあまり、「き」が「さ」になってしまったり、「さ」が「ち」になってしまったり、ひらがなならではのハプニングも満載です。ちょうどひらがなを覚えるころのこどもたちには楽しさも格別のこととおもいます。小さなお話が三話、さし絵もたっぷりで収められています。

ベストレビュー

三歳にも六歳にも!

「ワニくんのおおきなあし」などのワニくんシリーズがうちで流行っていたので、みやざきひろかずさんが絵を描いているということで選びました。

小学校一年生になったばかりの六歳の息子に、と思って読んだのですが、一緒に聞いていた三歳の息子にも大ウケでした!

本を開きっぱなしにしておくと、文字が夜中におしゃべりしたり飛び出したりして・・・というお話です。

「く」がくるくるまわって自分が「く」なのか「へ」なのかわからなくなるなんていう、字の形に注目したお話の部分は六歳がいろいろ言いながら楽しんでいました。
「いちもくちん」など、字が並び間違えたり、向きを間違えたりする部分は、三歳も六歳も大ウケでゲラゲラ笑いながら聞いていました。
「ピーターペン」「のうさぎとかもめ」「へまのプーさん」など、本棚の本の中に字が隠れる部分も、何がそんなに・・・と思うほどの大笑いです。

言葉が少し変わっただけで楽しいという、男の子にありがちなツボにはまった本でした。

「へのへのもへじ」とそのアレンジ版(へめへめくつじ、つのつのしへひなどなど)が出てくるので、まねして子どもたちはあちこちに書いていて、運筆の練習にもなった?なんて思ったりもしましたよ(笑)
(にしがはちさん 40代・ママ 男の子6歳、男の子3歳、女の子0歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,320円
1,320円
1,540円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
440円
2,200円
440円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ひらがなだいぼうけん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら