あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ

  • 絵本
作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784569689456

幼年から
A4判変型上製

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


香川元太郎さんにインタビューしました!

みどころ

遊んで学べる絵本として大人気!香川元太郎さんの「迷路絵本」シリーズの第6弾。
迷路を楽しみながら恐竜時代から江戸時代まで旅する「時の迷路」の続編、今作では江戸末期黒船の来航から、明治・大正、そして戦争と復興、豊かな時代へと移り変わる昭和、さらに「未来の博物館」の時間旅行が楽しめます。
各時代ごとの風景の迷路を解きながら、時をこえる「時の扉」を目指します。途中で扉の鍵、「トケイ石」を拾わなければいけません。見開きページで、楽しめる迷路は2つ。簡単に通り抜けられる迷路と難しい迷路です。迷路の中のクイズをじっくりと絵を読み解きながら進みます。隠し絵はひとつではありません。思わぬところに思わぬ絵、たくさんの数を見つけなければなりません。
明治時代のページでは、瓦屋根の玄関に洋風の建物がつながった小学校で、着物姿の子どもたちが、学んだり遊んだりしています。迷路をたどりながら、犬やうさぎなど、明治時代に人気があったペットの隠し絵を探します。
大正時代のページでは、博覧会の様子が描かれます。当時の新しい技術をつかった展示やアトラクションが並ぶ、にぎやかで楽しそうな場所。眺めているだけでウキウキしますが、ここでも迷路やクイズ、隠し絵など、たくさんの遊びが待ち受けているのです。
こんな風に、スタート地点の「旅立ちの公園」(現代)から、「黒船(幕末)」「文明開化(明治)」「小学校(明治)」「絹糸の村(明治)」「銅山(大正)」「博覧会(大正)」「戦争の時代(昭和)」「焼け跡の街(昭和)」「昭和の横丁(昭和)」「豊かな社会へ(昭和)」そして、最後に待っている「未来の博物館」まで全12画面、12の時代を旅していきます。楽しんで本をめくりながらも、戦争から現代までの時代のページは、忘れてはいけない歴史に触れる機会でもあります。親子で話し合いながら、この一冊を隅々まで味わいたいですね。

作者の香川元太郎さんは、歴史考証イラストの専門家として、歴史雑誌や学習参考書などに多数の作品を描かれています。時代ごとに風景はもちろん、建物や人物の服装や生活用品まで、歴史考証をもとにして描かれている迷路の画面。どおりで、一度見始めたら釘付けになってしまうわけです。密度が高いのです。
子どもたちは遊ぶ喜びはもちろん、この絵本を通して知識を得る喜びも感じているに違いありません。
・・・最後のページまでたどりついちゃった?
まだまだ大丈夫、さらに見つけなければいけないものがたくさんあるのです。もう一度時間旅行へいってらっしゃーい!!

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ

出版社からの紹介

迷路シリーズの第6弾。『時の迷路』につづく“歴史”がテーマの迷路絵本。

舞台は日本の江戸末期から明治・大正・昭和時代。黒船が来航した江戸時代の海岸の村、明治時代の文明開化で変貌を遂げた町、昭和時代の高度成長期の炭鉱の町など、歴史考証イラストレーターの著者が描いたそれぞれの時代の12の場面の中には、迷路とかくし絵があります。設問にしたがってそれらをといて、「時のトビラ」をくぐると、次の時代へと進んでいきます。全場面をクリアしたあとにも、新たな設問がまっていて、1冊で何度でも楽しめます。

小さな子どもでもできる迷路やかくし絵から、大人でも悩んでしまうような難易度の高い問題まで、年齢が異なる子ども達や大人が一緒になって、コミュニケーションをとりながら、家族みんなで楽しめる迷路絵本です。

時代考証をふまえた緻密な絵は、歴史学習の教材にもなります。

ベストレビュー

いろんな時代を旅が出来ます

全頁試し読みで読みました。恐竜時代から、江戸時代までを旅する「時の迷路」の続編で、今回のは、明治、大正、昭和、未来へとあり、12画面もあって、迷路、かくし絵、難しい迷路、クイズをしながらいろんな時代を旅することが出来ます。10画面にある「昭和の横丁」は、やっぱり一番はまりました。手元に置いて何度でも楽しめる絵本です。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


香川 元太郎さんのその他の作品

お化けの迷路 / 水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ / ポケット版 進化の迷路 ポケット版 進化の迷路 / 動物の迷路 / 自然の中でかず・かたち遊び かずの冒険<地底編> / ポケット版 時の迷路



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

続・時の迷路 明治、大正、昭和、そして未来へ

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.65

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット