くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
さるのひとりごと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さるのひとりごと

作: 松谷 みよ子
絵: 司 修
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年06月
ISBN: 9784494003556

幼児〜小学校低学年向
日本民話の会・鳥越 信・監修

出版社からの紹介

むかし、一匹のさるが海っぱたに出た。海はいいなあ、すると、うんと答えた。奥深い民話絵本。

ベストレビュー

さるの気持ち・かにの気持ち

小学6年生のクラスの読み聞かせで選んだ一冊です。
山を越えて海に出てきたさるが、海はええなあとつぶやくと、岩かげに住む小さなかにがうんとつぶやく。それがいやで、さるがかにをつぶして団子にしてしまうけど、こんどはつぶやいてくれるものがいなくなったのがさみしくなって。。。
さるってわがままだなあとか、かにってかわいそうだなあって、いろんな感想が出てきそう。さるってかなり寂しがり屋なんだろうなあとか、どうしてかにってそんなに優しすぎるの?とか。さるの気持ち・かにの気持ちをいろんな視点で考えてもらえればいいなあと思いました。
島根県に伝わるむかしばなしだそうです。長く語られているものには、読む人をひきつけるふしぎな魅力がいっぱいつまっていますね。すてきなお話にめぐりあえてよかったなと思います。
(けいご!さん 40代・ママ 女の子15歳、男の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 天人のよめさま / ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん

司 修さんのその他の作品

かぐ、あじわう / おじぎをしたなつめやしの木 / ラーゲルレーヴのおばあちゃん / 絵本 銀河鉄道の夜 / 絵本の魔法 / 雨ニモマケズ



玉川大学教授・梶川祥世先生&編集者・岡本薫さんインタビュー

さるのひとりごと

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.12

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット