もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
すずおばあさんのハーモニカ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すずおばあさんのハーモニカ

作: あまん きみこ
絵: 黒井 健
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年08月
ISBN: 9784893253101

23×21cm 36P

出版社からの紹介

あまんきみこ+黒井健のやさしさに満ちた傑作絵本が待望の復刊!

すずおばあさんがハーモニカを吹いていると、どこからか同じようにハーモニカの音が聞こえてきました。そっと見にいくと、子ぎつねがおばあさんのまねをして、懸命な顔で吹いています。おばあさんに気付いた子ぎつねは、ハーモニカを落としてあわてて逃げ出しました。おばあさんが拾ってみると、そのハーモニカは、古くさびついていて…。

古いハーモニカのかわりに自分の大切なハーモニカを置いていくおばあさん。お返しにりんどうの花束を置いていく子ぎつね。二人の交流が心にしみる絵本です。

すずおばあさんのハーモニカ

ベストレビュー

しずかなハーモニー

秋の夜長にすずおばあさんがハーモニカを吹いていると、外から別のハーモニカの音がずれたり重なったり。誰が吹いてるのかと外へ出てみると・・・
自分のハーモニカをおいてゆくおばあさん。お返しに小花をおいていく子ぎつね。ふたりの静かで優しい交流に心があたためられます。野原に響くふたりのハーモニーを私も聞いてみたいなぁ。
(モペットさん 20代・ママ 女の子5歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あまん きみこさんのその他の作品

クレヨンぞうさん / ちいさなこだまぼっこ / はなまつりにいきたい / きつねみちは、天のみち / おつきみ / とらねことらたとなつのうみ

黒井 健さんのその他の作品

紙芝居 だっこ だっこ / みどりのはしご / あきいろのころわん / アンティーク・シオンの小さなきせき / ありがとうの道 / なかないで なかないで



「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

すずおばあさんのハーモニカ

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.74

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット