貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おんぶおばけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おんぶおばけ

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: ひらやま えいぞう
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1990年02月25日
ISBN: 9784494001132

対象年齢:2歳から

出版社からの紹介

むかし、くらい森があって、こわーい声がきこえてくるんだって。おんぶしてえ、おんぶしてえ……。

ベストレビュー

はじめての昔話

「あかちゃんのむかしむかし」という副題がついてるシリーズです。よく行く保育園の子育て支援ルームで、次女が見つけ読んでほしいと持ってきました。
赤ちゃんに、昔話なんてわかるのかな?と、半信半疑で読み始めたのですが、2才4ヶ月の次女はもう夢中!4回も繰り返し読むはめに・・・。(超こわがりのくせに、最近なぜか、おばけとか鬼にはまってる!)

暗い森から聞こえてくる、「おんぶして〜 おんぶして〜」の声に、村一番の力持ちも、おすもうさんも、おさむらいさんも、逃げだしますが、おばあさんが勇気を出して、おんぶしてやると・・・。

昔話の雰囲気はそのままに、小さな子でも理解できる、易しい語り口と、どこか懐かしい絵も、はじめての昔話にぴったりです。
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

紙芝居 天人のよめさま / ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん

ひらやま えいぞうさんのその他の作品

もりのパンやさん / きゅうりさんととまとさんとたまごさん / くつがじまんのむかでさん / にんじんさんがあかいわけ / きつねとたぬきのばけくらべ / のはらのこぐまさん



「きむらゆういち先生ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

おんぶおばけ

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット