大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
パパがサーカスと行っちゃった
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

パパがサーカスと行っちゃった

  • 絵本
作: エットガール・キャロット
絵: ルートゥー・モエダン
訳: 久山 太市
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年01月
ISBN: 9784566007918

出版社からの紹介

ある朝、ぼくたちはパパのどなり声でおこされた。「サーカスがやってくるぞうー!」。パパははりきって、みんなをサーカスへつれていった。パパはひとりでもりあがって、大興奮。サーカスのショーがおわっても、パパはもどってこなかった。サーカスといっしょに、行っちゃったんだ!

ベストレビュー

コミカルで飛んでるお話

私は、まぁまぁかなー、って思ったんですが、上の子が「すごく面白い」と、押すので、評価は『自信を持って』にしました。
この、「パパが」は、ちょっと斬新な絵柄に、ちょっと変わって展開をするんです。で、どういう人が書いたのかな?って、作者紹介を読んだら、なんと!イスラエルの有名な作家だったんです。(なるほど、納得しました)

サーカスが大好きなパパは、どうやら専業主夫。仕事で疲れているママと、習い事のある子供たちを連れて、街にやってきたサーカスを見に行きます。
そして、あげくの果てに、パパはそのサーカス団と団員として、旅に出て行っちゃうんです。すごい展開。
最後にはあっさりサーカスをやめて、家族の元に戻ってくるんですが、サーカス団で身に付いて芸は、現在も生かされているようです。
なかなかコミカルで飛んでるお話でした。
やはりイスラエルのルートゥ・モエダンさんのイラストも個性的で、刺激的な絵でした。
ところで、この作者とエラストレーターさんの名前は本名でしょうか?イスラエルって、こんな(日本語で書くと)ふざけた駄洒落みたいな名前なんでしょうか?ちょっと疑問です。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


久山 太市さんのその他の作品

はじめはタマゴ / ニャゴマロのコンテスト もっともうつくしいでしょう / ニャゴマロくんとチイヒゲちゃん / ゴリオとヒメちゃん / ネコのニャゴマローあいの ものがたりー / グラファロのおじょうちゃん



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

パパがサーカスと行っちゃった

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット