話題
ぷっくり ぽっこり

ぷっくり ぽっこり(偕成社)

じわじわ売れています! 新感覚の赤ちゃん絵本!

  • 盛り上がる
  • ためしよみ
キラキラッとほしがかがやきました

キラキラッとほしがかがやきました

  • 絵本
作・絵: 宮西 達也
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2018年10月
ISBN: 9784591160220

出版社のおすすめ年齢:4・5・6歳〜
B4変型判  266mm x 217mm 40ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


3冊まで投票できる!えほん祭り開催中

出版社からの紹介

友達にうらぎられ、心も体もきずだらけだったティラノサウスは、ひとりぼっちで生きてきたさびしがりやで心のやさしい恐竜、デイノケイルスのディケルにであいます。ディケルと過ごすうちに、ティラノサウルスは信じること、友達の温かさ、強さ、相手を想う気持ちを知ります。心温まる友情物語。

キラキラッとほしがかがやきました

キラキラッとほしがかがやきました

ベストレビュー

その後自分がどうなろうとも

恐竜の世界にも色々な性格の恐竜がいて、優しい恐竜がいれば弱虫な恐竜もいて、そして性格の悪い恐竜もいました。
ティラノサウルスは性格の悪い恐竜で、他の性格の悪い恐竜とつるんで、いじわるばかりしていました。
でもある時裏切りにあって、心身ともに傷つきます。


自分がピンチの時に側にいてくれる人が本当の友だちだと、聞いたことがあります。
ティラノサウルスの場合、それはディケルだったのですね。
ディケルの優しさや信頼を受けて、少しづつ変わっていくティラノサウルス。
最後の最後に、自分のではなくディケルの幸せを選んだティラノサウルス。
含みを持たせたラストでしたが、その後自分がどうなろうとも、ティラノサウルスは満足だったでしょうね。
(めむたんさん 40代・ママ 男の子20歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,540円
1,430円
1,650円
1,540円
1,100円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

660円
6,050円
660円
880円

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

キラキラッとほしがかがやきました

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 1
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら