ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ひみつのもり」 みんなの声

ひみつのもり 作・絵:ジーニー・ベイカー
訳:さくま ゆみこ
出版社:光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784895726535
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,441
みんなの声 総数 8
「ひみつのもり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美しいコラージュの海

    ベンはかごのわなで魚をとるのが好きな少年です。ある日ちっぽけな魚しかとれなかったので、魚を船の中に放り出してしまいます。魚が死んでも気にとめないベン。
    そのうちかごが何かに引っかかったようにあがってこなくなり、潜るのが上手なソフィーに頼んで一緒にかごを引き上げるため海の中へと入ります。
    そこにはゆらゆら揺れる、金色の森。海藻にさわったり、クジラに出会ったりして、ベンは海と海の生き物が大好きになり、かごに入った魚やたこたちを海に返してあげました。

    作者の方がタスマニアの海に潜って見た世界をコラージュで表現されたものだそう。海藻や砂などの自然の素材が使われており、写真と見間違うような美しい海の中の様子にびっくりしました。モデルとなったタスマニアの海は今環境破壊が進んでしまっているそうです(しかも日本が大きく関係しています)。この絵本で海のすばらしさをたくさんの子どもに知ってもらいたいと思いました。

    掲載日:2006/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議な世界

    3歳の息子に図書館で借りてきました。

    絵がとても不思議でありながら
    とても綺麗で本当に海の中を見ているような気分になります。

    それだけでも十分に楽しめる絵本だと思います。

    最後にきちんと海に返すということの大切なを
    教えてくれる絵本です。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海が大好きな人

    この話の主人公の人はとっても海が大好きな人でした。うちの子も最近海が大好きなのでこの絵本に共感できるところは多かったみたいです。海の森を探索するシーンがあったのですが、吸い込まれそうでとっても神秘的で海の魅力満載の一冊でした。

    掲載日:2013/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 綺麗な海

    海藻や砂などを使って描いた、コラージュの絵本です。
    一見、写真なのか絵のか分からない感覚になります。

    お話は・・・
    男の子が海に仕掛けたわなが何かに引掛って取れなくなり、友達と海の中に潜ります。
    それまで小さな魚が船の中で死んでしまっても何も感じなかった男の子の意識が、海の中の世界を知ることにより、変わってくるというもの。

    コラージュの仕方が独特で、一ページ一ページ芸術作品を見ているかのようでもあります。どんなふうにして作っているんでしょうね。とても興味あります。
    この絵本を作るにあたって、作者の方は何度もタスマニアの海に潜り、探検し観察し、そして海藻やカイメンや砂など自然にあるものを使って作り上げたそうです。

    オーストラリア原生自然保護協会賞受賞というのも頷けます。
    美しい海や自然を大切にしたいという気持ち、絵本から伝わってきます。

    掲載日:2011/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 神秘的

    神秘的な雰囲気が漂っていて少し怖い感じがするくらいでした。
    子供と一緒に再度ゆっくり読んでみると絵の中に
    海の底に潜む生物を見つけることができました。
    魚の死になにも感じていない様子のベンが気になっていたので
    ラストでホッとしました。

    掲載日:2010/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもリアル

    • はやつぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    海でボートに乗って魚つりをしていたベンはわなが引っかかってしまって、それを取るためにはじめて海の中へ入っていきます。

    我が家は7歳の息子に読みました。
    この本の絵は海の中がとってもリアルで
    海の中の綺麗な様子。また海の中の恐怖。
    とってもリアルに描かれていると感じました。

    息子は、まだ海の中には潜ったことがないので、食い入るように見入っていました。

    掲載日:2010/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な絵です

    タイトルに「もり」のつく本と「ひみつ」とつく本のセレクションを作っていてこの本なら両方いけそうだと思い読んでみることにしました。

    しかも訳はさくまゆみこさんなので期待感大でした。

    タイトルだけで森のお話かと思ったのですが、海の森のお話でした。

    息子と絵を見ながら「これ絵かな?写真かな?」と。オーストラリアの海なのだそうですが、とてもきれいで時々写真のようにも見えますし立体的に見えるところもありで不思議だなあと思っていたら、あとがきにコラージュとあり、なるほどと思いました。

    海ですぐ近くにくじらがいることに驚きました。日本だとくじらは遠洋漁業のイメージなので。

    海を取り囲む森も自然豊かですし、こんなきれいな風景は長く美しいままで残したいものだと思いました。

    絵本に環境保護の意味もこめられているというのもうなずけます。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海の中って、こんな感じなのかな

    最初、写真かと思いました。
    海藻のユラユラゆれている様子までつたわってきます。
    環境の学習をしている6年生の娘が、今、この本に出合えてよかったと言っていました。
    隠れている海の生き物を探す楽しみもプラスされて、大好きな絵本になりました。

    掲載日:2007/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット