庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ももたろう」 みんなの声

ももたろう 作:代田 昇
絵:箕田源二郎
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年01月
ISBN:9784061323070
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,053
みんなの声 総数 7
「ももたろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなももたろうもいい

    桃太郎のお話はたくさん絵本になっているので、いろいろ読み比べて楽しんでいます。
    今まで大川悦生さんの『もものこたろう』がいちばん好きだったのですが、うーん、これもいいかも。とっても楽しいおはなしでした。
    他のももたろうと違うのは、おおきくなったももたろうが、寝てばかりいるなまけものということ。でも力だけはびっくりするほど強いのです。
    完全無欠のヒーローよりも、ちょっとぬけてる主人公の方がなんか好感が持てるというか、いつもはぐうたらしてても、やるときはやる!というのが好きでした。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節分に読みたい

     節分には、おにのお話が読みたくなります。
     表紙のももたろうがプクプクしてほほえましいです。どんな若者になるかと思ったら、けっこうなまけもので、笑ってしまいました。けれど、鬼退治はしっかりやってきました。
     昔話でおなじみですが、それぞれの本によって、細かいところがちがっているのも楽しいです。
     
     桃の流れてくる音がおもしろいなと思いました。いろいろな音の表現が楽しかったです。

    掲載日:2014/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 決定版

    誰もが知っている有名なお話。
    でもこの絵本は、そこらのももたろうとは
    ちょっと違う。
    なんだか今まで知っていたももたろうが、
    ずいぶんあっさりしたアレンジだったんだなぁと思えるほど、
    妙に細部まで詳しく描かれている。
    なんだか、ももたろうについて詳しくなったぞ・・!
    という満足感が得られます。

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 半分このきびだんご

    息子が、鬼の絵本が読みたいと言い出したので、それならと思い、『ももたろう』を数種類借りてきました。

    有名な昔ばなしは、細部の異なるものが多数出ているものだと思いますが、この『ももたろう』も私が知っている話とは随分違いました。

    まず、桃は「どんぶらこ」と流れてくると信じていたのに、この絵本では「つんぷかかんぷか」流れてきます。また、成長した桃太郎は普段はとても怠け者とのこと、これにも驚きました。さらに、お供の動物たちにきびだんごを半分だけわけてあげています。それも3個しか持っていかなかったからのようです。私はきびだんごはたくさん用意し、1個丸々分けてあげたと思っていたので、この点も新鮮でした。

    細部の違いはあまり気にならなかったのですが、文章が読みにくいのが難点でした。方言なのかもしれませんが、かなり普段使う日本語と違うので、私も理解するのが難しいほどでした。息子はきょとんとしていました。やはり言葉が難しくて理解できなかったのではないかと思います(桃太郎の話自体は保育園ですでに知っていたようなので)。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • これぞ昔話

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    有名な昔話は、たくさん本がでていて、読む本によって多少違いがあります。
    この「ももたろう」は、私が小さい頃に読んで、おぼろげながら残っている記憶のももたろうと同じように思ったので、子供に読み聞かせしたいと思いました。
    ただ、言葉が方言なのか昔風の言い方なのか、ちょっと読みにくかったです。
    きびだんごも、この絵本はひとつはあげなくて、ももたろうと半分こするのです。
    子供は、絵本全体の流れが調子良いし、最後まで飽きずによく聞いていました。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怠け者のももたろう?!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子12歳、女の子10歳、女の子5歳

    日本人なら誰もが知ってる『ももたろう』
    絵本もたくさん出てますね。
    その中から、次女が図書館で選んで借りてきた、この『ももたろう』をご紹介したいと思います。

    たぶん、1番おすすめは、松井直&赤羽末吉コンビの正統派ももたろうだと思いますが・・・いやあ、これもひけをとらず、おもしろかったです☆

    擬音語、擬態語が、これでもか!というくらい、ふんだんに使われていて、とてもリズミカルなんです。
    読んでいて、気持ちよくなります。
    まるで、カラオケでひとり悦に入って、歌ってるような・・・(爆)。

    例えば・・・
    とんこら とんこら とんこらさと
    ざんぶり じゃぶじゃぶ、ざんぶり じゃぶじゃぶ
    つんぷか かんぷか、つんぷか かんぷか つっこんこんと
    ほいさか ほいさか
    ずくん、 ずくん、ずぐん、 ずくん、ずぐん、ずうぐんと
    ・・・などなど。

    これには、子どもも大喜び。
    よく知ってるももたろうのお話が、こんなに楽しかったとは!

    他にも、このももたろう・・・怠け者なんです!
    これには、びっくり!!
    まるで、三年ねたろうみたい(笑)。

    これには、賛否両論あるかもしれないけど、うちの子たちには、新鮮だったようで好評でした。
    最近、めっきり絵本タイムにつきあってくれなくなった長男も、最後まで惹きつけられたようです。

    絵も、赤羽さんに見劣りしないくらい、素敵ですよ☆
    ぜひ、読み比べてみてくださいね。

    掲載日:2006/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • きびだんごは半分こ

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    この「ももたろう」のお話しはちょっと変わっています。子供のころから聞かされた物語は犬やサル、きじにきびだんごを1つあげておともについた・・・ですがこの絵本のお話しは「きびだんごを半分やろう」になっています。ももたろうが食いしん坊だからかな?でも、みんな半分でもおともについておにと戦ったよ。

    掲載日:2002/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット