もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

へんしんとびばこ」 みんなの声

へんしんとびばこ 作・絵:あきやま ただし
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年06月
ISBN:9784323033594
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,092
みんなの声 総数 38
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 平仮名熱最高潮の5歳の我が子が

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    保育園から借りてきました。上から読むとこうだけど、下から読むと…を最近自分から説明し始めるようになってきたので楽しいようです。大人には物足りませんが子供にはこのくらいが丁度いいのだろうと思いながら読みました。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばあそび

    焦げたパンが「こげこげこげ・・・・」と言いながら跳び箱を飛ぶと、「ゲコゲコゲコ・・・」とカエルに変身するなど、違う言葉や動物に早変わりする様子がユニークです。跳び箱がだんだん高くなっていく様子も工夫されていて面白かったです^^

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんしんシリーズ楽しんでます

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子7歳、男の子5歳、女の子1歳

    あきやまただしさんのへんしんシリーズ。
    こどもたちも一緒に声を出しながら、一緒に読んでいます。
    読み終わる頃には、自分たちで新しいのを考えたりしています。

    へんしんの繰り返す部分を子どもが読んで、それ以外を私が読んだり、楽しみ方いろいろ。
    子どもたちには、最後のかいじゅうが人気です。

    掲載日:2016/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とびばこ編もあるんだね!

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    親子でだいすきへんしんシリーズ。
    読み聞かせで大爆笑です。

    とびばこってあんまりいいイメージないけど、
    こんな楽しいとびばこならみたいかも!
    今回はみんながいいほうに好転して、
    高い段も跳べちゃうのも気持ちいいですね。

    それにしても
    1段目を跳んだてつこさんが、実は最強なのでは・・・
    と思うのですが、どうなんでしょうね?

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんしんシリーズはまたまた楽しめました
    1段 2段 ・・・・ドンドン数が増えるおもしろさ
    孫悟空がでてくるとは思いませんでした
    おんぶ おんぶ・・・・ ぶおんがおならの音とは (笑える)

    7段から 急に 20段に わ〜すごくたかいな〜
    こんなの跳ぶの  大変だ!  しかも 赤ちゃんとはね〜

    跳び箱 なかなか 難しくて、跳ぶのが怖い子もいたな〜
    それを 一生懸命みんなで教えてあげたり 応援して跳んだときの感動!
    その時 とんだ子の達成感を感じました  みんなも嬉しくて
    懐かしい跳び箱 

    あきやまさんのへんしんとびばこ 
    こんなにおもしろく 子どもたちと楽しめるのはいいですね〜

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今度は跳び箱で変身!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    この「へんしん」シリーズもいろいろ出ていますが、とってもいいなって思うのは、いつも同じパターンの設定でないこと。
    言葉(名前)が動作を行ったり、何かくぐったことで、別のものに変わってしまうという“へんしん”の仕方は変わりませんが、その舞台となる設定がそれぞれ違うのが面白いです。

    今回のお話は、跳び箱が1段ずつ高くなっていくところが面白かったです。
    しかも初っ端から「てつこ」→「鋼鉄<ロボット>」になってとんでっちゃうし……(^^;)
    続いての「だちょう」もウケました。
    おならとか、光線とかはわりとありがちだけど、小さなお男の子たちには大いに喜んでくれそうです。

    参加型にして、「次は何に変身すると思う?」なんて聞き手と会話しながら読んでいくと、みんなでたのしい時間が作れそうです。

    掲載日:2013/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなシリーズ

    大好きなへんしんシリーズです。次々に飛び箱をへんしんしながらもクリアしていく登場人物。飛び箱の段が一段一段増えて高くなっていきますが、本当にこんな高さを飛べるのと疑いたくなる登場人物たちが飛ぶから愉快。最後のあかちゃん、10段はさすがに無理でしょうと、楽しい結末でした。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい言葉あそび

    長男が小学校から借りてきた本です。
    夏休みの読書感想文用らしいのですが、この本を読んでどんな感想を書こうと思っているのかなぁ。

    いろんな人が跳び箱を飛ぶと変身してしまいます。
    てつこさんは鋼鉄のロボットに。
    「ちょうだ、ちょうだ」と叫びながら蝶を追いかける男の子がダチョウに。
    と続いていきます。
    なぜ?
    これは言葉遊びの本なのです。
    繰り返して言うと変身してしまう言葉たち。
    楽しいですよ♪

    でも、読書感想文には向いていないよなぁ。
    だから違う本を選びなおすことになりそうです。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです

    4歳長女は「へんしんシリーズ」が大好き。今回も大喜びでした。一番面白かったのは、コアラのとこのようです。今回は崩れてしまった跳び箱をもう一度やり直す場面があるのですが、そこは私は良かったです。
    ただ、初めのロボットはちょっと無理があるんではないかな?と思ったので、−1にしました。この言葉幼児にはちょっと難しいんではないかなあ。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 流れが良くて

    4〜5歳児に読みました
    表紙を見ると「とびばこだ!」と声を上げる子供たち
    体操で使用するので反応は良いですね
    一段ずつ増えていく流れも良いし、言葉がわかっても、どんなイラストが出てくるのか楽しめます
    やっぱりコアラの「ぶおん」は笑っちゃいましたね
    もう一度読みたい子供たちが、読み終えるとダッシュで絵本を目指す姿が、楽しいです

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

38件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット