もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

コブタをかぞえて IからMM」 みんなの声

コブタをかぞえて IからMM 作・絵:アーサー・ガイサート
訳:久美 沙織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1999年
ISBN:9784892387142
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,292
みんなの声 総数 4
「コブタをかぞえて IからMM」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 暗号で探し絵で。

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子3歳

    ローマ数字っていうのは、7つの文字I、V、X、L、C、D、Mだけで
    全て表されるのだそうです。

    まずは、絵の中のコブタの数で、その7つの文字がどの数を表しているかを
    学びます。
    それから、数字を表す時の決まり。左から読む。左に大きな数字が来る。
    ただし、左に小さな数字が来る時は引き算になる…。

    そうして一通り学んだら、探し絵をしながら、確認していくのです。
    Xのブタ小屋やVの牛が見つけられるかな?
    1922を探そう。えっとえっと、…MCMXXIIだ!!
    XXXVIのコブタ、数えられるかな?

    この絵本を寝る前にうっかり読んでしまった日には…
    ものすごく時間がかかって眠れませんでした!
    途中で何度「もういいんじゃない、今度自分で考えてよ」と言いたくなった
    ことか。でも、暗号のようでわけわからなかったローマ数字を、娘もすっかり
    読めるようになり、満足感と充実感の中で眠りに落ちました♪
    使う機会はきっと…ないのでしょうけど(笑)

    掲載日:2008/11/12

    参考になりました
    感謝
    2
  • ゆっくり見れば、さらに楽しい発見がある?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    1冊アーサー・ガイサートの作品を読んだら、面白くて、ついハマってしまいました。
    この絵本を最初に読んだとき、《ローマ数字》の算数の絵本だ。なるほど、こうしてみるとローマ数字って、面白いし、分かりやすいな。くらいにしか思わなかったんです。
    最初の100匹くらいまではコブタも数えてみたけど、1000匹(位いそう)なページからは、きっといるね。なんて勝手に思って数えもしませんでした。

    だから一番に感想を書いていた「ねがいさん」の感想を読んで、またびっくりしました。
    「えーっつ!?隠し絵の謎もあったの?」って。
    とにかく細部まで、すごく細かく計算して描いてくれているので、時間のある時、じっくりゆっくり読んでみると、さらに楽しい発見があるかもしれません。

    掲載日:2010/12/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • ローマ数字が楽しくわかる

    仕事柄、ローマ数字との付き合いは長いのですが(本にも前づけ、後付部分にローマ数字が使われていますよね)、意外とローマ数字が知られていないことに驚きを感じています。
    ローマ数字はIやVやXだけではない。
    仕組みを覚えるとなるほどと感心する数字の体系です。
    西暦で年を表現する時、MやCや知っているアルファベットが別の意味を持っていることがわかると、よく外国の建物やお墓に書かれている年号が理解できてちょっと得意かも。
    この本は、実に楽しくローマ数字を理解させてくれます。
    コブタを数えるのも大変ですが、いろいろなものを数えたり、書かれているローマ数字を解読して、ローマ数字をバッチリ理解できます。
    大人でも充分に楽しめる絵本です。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ローマ数字の解読

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    I、V、X、L、C、D、Mの世界へようこそ。
    実はこれ、ローマ数字なのです。
    この7文字で数字を表すことができるのです。
    T、U、V、W、X、Y、Z、[、\、]。
    このあたりならよく見かけますが、後半は???の人も多いはず。
    でも、大丈夫。
    この作品では、実際にその数のコブタ、気球、切り株などがちゃあんと描かれていますから、
    コツがわかれば鮮やかに解答できます。
    ・・・のはずが、そのコブタの数が尋常じゃなくて、私の頭はパニック!
    そこへ、我が家の高3理系、名探偵チョーナン登場。
    鮮やかに公式を解説してくれました。(ありがとう!)
    表記においては、ちょっとした、足し算引き算もあるので要注意。
    表紙に描かれた、MCMXCVI、この作品の初版年です!
    どの数も正確に描かれているそうです。
    MMMMDCCCLXIV匹のコブタに、感嘆の拍手!

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット