庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

かめさんのさんぽ」 みんなの声

かめさんのさんぽ 作・絵:中谷 千代子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1978年03月
ISBN:9784834007152
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,498
みんなの声 総数 10
「かめさんのさんぽ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かめの冒険

    いつもジーとしているカメ。
    でも実はいろんなところに行って大冒険しているのかなって思える絵本でした。
    子供はカメになじみが無いのでカメが首を引っ込めるといった動きがわからなかったようです。

    掲載日:2011/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • かめさんの冒険では!?

    中谷千代子さんの絵が好きで最近よく借りてきます。

    けんちゃんが飼っているかめさんの、ある夜の出来事が描かれています。犬のころがかめさんのバケツをひっくり返したせいで、庭中を散歩・・・というより冒険することになったかめさん、ひやりとする場面もありますが、和やかな魚との再会の場面もあり、飽きません。

    同じような亀の話に『いたずらこねこ』がありますが、結構長いので、こちらの絵本の方がテンポよく聞いていられると思います。

    古い絵本なのに、まったく古くささを感じさせないところがすごいです。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬に遊ばれ、守られて・・・

    3歳1ヶ月の息子に読んでやりました。かめは見たことがあると思いますが、甲羅から頭や手足が出入りする様子を見たことがあるかどうかは定かではなく、そのせいもあり、イメージができなかったのかもしれません。でも、この本を興味ぶかく聞いていましたね。

    最初は犬が興味を持ってかめと遊んであげているのですが、かめが自らバケツを飛び出し、散歩のでかけます。それをそぉっと見守るのが犬の役目。ネズミに襲われたときは、追い払ってあげるなど・・・。かめと犬にはこんな関係があるのでしょうか。

    なんだかのんびり時間が流れるけれど、犬とかめのあたたかいふれあいを感じる本ですよ。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  •  この季節にちょうどぴったりかな?
     
     冬の間バケツの土の中で冬眠していたかめくんを出してあげたけんちゃん。
     冬越しさせられるなんて、凄いですね〜。
     夫は、幼い頃亀をお祭りで買ってもらっては、逃げられてばかりだったそうです。
     
     さて、久々の春の夜をバケツの中で満喫していたでしょうに、犬のころ君がバケツをひっくり返して…。
     けんちゃんも夫と同じ運命かと、ひやひやしながら読みました。
     ころ君には困ったものだと思っていましたが、最後にははは、心の中で謝りました。

     亀の動きがとてもよく伝わってくる作品でした。
     の〜んびりゆ〜ったりした気分に浸りながら、親子で楽しめると思います。
     
     春の一夜のかめ君の可愛い冒険に、息子もドキドキした様子で聞き入っていました。
     最後に、息子の「かめ、欲しい!」にはDNAかとドキッとしました。

    掲載日:2010/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんびり・どっきり

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    動物好きの次男が自分で選んだ本です。
    冬眠から覚めた亀さんの、ときにはのんびり、ときにはドッキリの夜のお散歩を描いています。

    思わず、危機に晒されたときはガンバレーと応援してしまいたくなります。。
    夜私達が寝てるときに、ペットは何をしてるんだろう・・とふと考えてしまいました。

    ドキドキしましたが、最後はハッピーエンドでよかったです。
    亀に限らずペットを飼ってる方は、より共感して読めるかもしれません。
    昔の絵本独特の、のんびりした画風やテンポがいいなあと思いました。

    掲載日:2009/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • カメさんが好きな娘に

    娘が親戚の家で飼っているカメに興味がわいてきたようなので
    読み聞かせてみました。

    カメさんの真夜中の冒険。
    金魚やカエル、モンシロチョウ、てんとう虫、たくさんでてきます。

    最後のページを読み終わるとなんともいえない
    あたたかい気持ちになりました。
    ほっとさせてくれる1冊です。
    絶版になってしまったのかな?もったいないです

    掲載日:2009/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かめさんの大冒険にハラハラ

    冬眠から目覚めたかめさんが、夜 庭で大冒険するお話です。大冒険といってもいつもの庭なんですが、夜はまた別世界。
    久しぶりのかめさんに池の魚やカエルからは「いつ土から出てきたの?」と問われたり・・・
    でもそんな懐かしい再会ばかりでなく、かめさんを襲う天敵も・・ 読んでいてかめさんは大丈夫かと私もハラハラしました。きっとかめさんにも長い長い一夜だっただろうなと思います。
    なかなかかめを見る機会のない娘は、とても珍しそうに聞いていました。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • かめさんの夜のさんぽ

    娘が図書館で借りてきました。なんだか古そうなえほんだな〜と思い読み始めたのですが結構ドキドキできたりしておもしろいんです。字も大きく書かれていたのでひらがなが読める子供さんだったら一人でもよめます。 
     かめさんが夜、どのような行動をしているのかとか他の昆虫、動物の行動も垣間みれていいんじゃないでしょうか?

    絶版してしまったのは悲しいです。

    掲載日:2008/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さなかめさんが主役

    日本に帰省した際に、じいじが図書館で借りてきてくれた本ですが、「かばくん」で親子共々すっかり中谷さんの絵のファンになっていたので、「かばくん」の中にも出てくる「かめさん」に再び会えて、うれしくなりました。今度は、小さなかめさんが主役!かめさんの夜のお散歩は、その行動範囲や歩く早さにもかかわらず、大冒険にも匹敵するくらいハラハラどきどき。小動物のおもしろさと不思議さを存分に楽しめる本です。

    掲載日:2008/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • かめさん

    息子はかめを飼っています。
    だから、かめが登場する絵本を探していました。そんな時、この絵本に出会いました。
    何気ない、かめの一晩が描かれていますが、とっても分かり易くて、良かったと思います。

    掲載日:2002/10/04

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット