雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

いまなんじ」 みんなの声

いまなんじ 作:山下 明生
絵:むらかみ つとむ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1979年12月
ISBN:9784251001511
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,310
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • とけいがいっぱいです

    懐かしい絵に惹かれて。
    とけいおじさんのとけいと共に、かえるの子どもたちの
    生活を通しながら楽しく時計の読み方を学ぶことができます。

    普段息子に時計を意識するよう声かけをしていたら
    出先でもやたらと「時計がある!」と時計を見つけて
    喜んでいるので、時計がたくさんのっているこの本を見て
    また興奮しています。
    時計を読むのはまだ後ですが、
    しばらくはお話しながら絵で楽しめそうです。

    掲載日:2012/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時計が学べる

    色んなかえるのキャラクターが出てきて面白いです。どの本を読んだかは覚えていないですが、昔このシリーズを読んだ覚えがあり懐かしかったです。

    息子は本を読んですぐに○時、というのは覚えたようです。まだ分までは難しいようですが、絵本を見ながら楽しんで時計が覚えられて良いと思います。

    小さなころたんがかえるえんについていってページごとに登場するので、「ころたんはどこ?」と探すのにも使えます。最後に時計の読み方を覚えるのですが、お兄ちゃんのけろくんがずっと付いてきていたのを知らなくてびっくりするのがまた微笑ましいです。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1日の流れの中で

    時計の読み方を学習したいのなら、やっぱり「とけいのほん」の右に出るものはないだろうな、と思うのですが、この絵本は、村上勉さんの絵がとにかく素晴らしく、小さな子でも、絵を見ているだけで楽しめそうです。4歳の娘は、「とけいのほん1」の知識を習得したばかりなので、「とけいのほん2」で分の読み方を学習してから、この本を手渡そうかどうしようかと迷っていたのですが、この絵本は、時計の読み方を正確に覚えるためのものではなく、1日の流れの中で、時間の概念をなんとなくつかむことに重点を置いているのではないかな?と思えたので、、こちらの本を先に読むことにしました。
    娘は、最初に書かれたかえるくんたちの名前だけで、もう喜んでいました!どの子が、誰なのか、「14ひき」シリーズを読むときのように、顔と名前を合わせながら楽しんでいました。
    弟のころたんが、幼稚園についてきてしまったことも、2度読むまでもなくすぐに気づいて、私に教えてくれました。そんな細かい絵も楽しめる本です。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • ころたん☆

     この絵本は小さいときに家にあってよく見ていた覚えがあります。図書館で見かけ二十年以上ぶりに絵本を開いたのに、『あ、このページおぼえてる!!』・・・なつかしいやら、なんだかすごく嬉しい気持ちになりました。お話を楽しんでるうちに、時計にも親しむことができるし、なんといっても登場するかえるさんたちがかわいいです。中でも、ころたんが好きです。ページのすみっこで控えめに登場しているので、息子と一緒に、『あ!ころたん こんなとこでこんなことしてる!!』と、楽しみながら見ることが出来、幸せなひとときでした。

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいいし^^すぐに時計を覚えました。

    かえるのお話ですが、とけいじいさんが出てきて、生活の中のごはんの時間や、おやつの時間等で楽しく時計の見方を教えてくれます。絵本が好きな子でしたら楽しく読んで聞かせているうちに、時間がわかる様になるんじゃないかと思います。 うちの子は弟のころたんが、知らないうちにお兄ちゃんのけろくんと「かえるえん」に行っていたのが楽しいようでした・・^^

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思わず二回読んでしまいます。

    • あおかんさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子5歳、男の子3歳

    かえるのけろくんがかえるえんに行ってとけいをお勉強するおはなしです。学習絵本ではなくちゃんとおはなしになっているので、小さな子でもその物語が楽しめると思います。最後にけろくんが家に帰ってからなぜか弟のころたんがとけいを読めるようになっていました。なぜでしょう??…思わず二回読んでしまいますよ。

    掲載日:2006/05/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時計のお勉強

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    こどもが時計に興味があるようなので読んでみました。
    かえるのけろくんは幼稚園で時計の勉強をします。
    お話形式でいっしょに楽しく学んでくれるといいな。
    とけいおじさんもストレートなキャラでわかりやすいですね。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく学べます

    時計が少しだけ読めるようになった4歳の長女に読みました。
    体が時計になったおじさんが出てくるのがとてもおもしろかったようで、最後まで集中して聞いていました。
    とけいおじさんとかえるちゃんたちとのかけあいも楽しく、そんな雰囲気の中で自然と時計について学べる絵本です。

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと早過ぎた

    2歳の娘には早過ぎました。違う簡単なとけいの本から始めました。もう少し理解してからこれに進もうと思います。絵は可愛いいかえるなので好きなようです。この絵本をみてから自らとけいの針になっていま10:00と言うようになりました。とけいに全く興味なかったので、少しはひびいてるのかなと思います。

    掲載日:2015/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時計に興味を持ち始めたら

    まだ時計を読めなくてもよいけど、時計が好きな息子のために図書館で借りてきました。
    どのページにも時計が大きく描かれていて、どんどん指さししてくれます。

    何時だけでなくて、5分や20分といった説明もあります。
    夜の7時、朝の7時の説明もあり、丁寧だなと思いました。
    これ一冊で時計が読めるようになる・・・かな?

    もう一度はじめから読みたくなるしかけも○

    掲載日:2015/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット