だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ぷてらのタクシー」 みんなの声

ぷてらのタクシー 作:斉藤 洋
絵:森田 みちよ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,068+税
発行日:1994年03月25日
ISBN:9784061322059
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,630
みんなの声 総数 7
「ぷてらのタクシー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 乗ってみたい

    6歳児には文が少なくさっと読めました。年少以下の年齢の子でも楽しめると思います。
    プテラノドンの始めたお仕事というのは、タクシー業。
    それが、なんだか微笑ましいです。
    実際にそんな素敵なタクシーがあったら、乗りたいね〜と息子と盛り上がりました。

    掲載日:2015/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなタクシー

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    ぷてらは空飛ぶタクシーです。
    いろんな動物がタクシーにのります。
    時にはぞうを乗せたり・・・すこし大変そうなのです。
    そこでいま「ぷてらのタクシー」がしているというお仕事がなんとも素敵なのです。
    本当にそんな風に運ばれてくるような気がします。
    きっと我が家にもそんな風に運ばれてきたのだろうなぁと
    幸せいっぱいな気持ちになります。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい仕事してます

    恐竜のプレラノドンってとてもいい仕事をしているなあって感心しました。空を飛ぶタクシーってみんなの役にたつ仕事だと思いました。
    気晴らしに乗ってくれてもやっぱりいい仕事をしていると思うし、ペンギンに故郷まで頼むと言われたり、くたびれている燕さんたちを乗せたり、ぞうさんまで乗せて大変だと思いました。悲鳴が聞こえてきそうですが、やっぱり仕事だから頑張れたんだと思いました。オチがとても幸せになれました。我が家にもお願いします!

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも癒されます♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「まんぼう」の人だ・・・

    なるほど・・・
    なんか、おかしいんです
    恐竜がタクシーという感覚もおかしいし
    乗るのが飛べない鳥だったり
    他の動物がブーイング(^^ゞしてたり

    ナンセンス的なところから
    最後は、なるほどねぇ〜

    いい仕事してますね♪

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物の表情が良い

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    我家で長い間一番人気だった「ぶたぬきくん」シリーズの斉藤 洋/作、森田 みちよ/絵のコンビによる作品。

    ぷてらとは、プテラノドンのことで、子供に人気のある空を飛んだとされる恐竜です。
    この設定で、成功は半分は約束されたも同然だと言えるでしょう。
    そのぷてらが、何かしたくて、空のタクシーを始めることから物語は始まります。
    タクシー乗り場からして、プテラノドンの姿形をしているのは、森田みちよさんならではのもの。
    最初に乗るのは、飛べない鳥たち。
    その理由が、気晴らしというのは、やはり斉藤さんのセンスでしょう。
    ふるさとまで頼むよと言うぺんぎんとか、くたびれているつばめをのせたりとか、面白い展開です。
    オチもなかなかのもの。

    文字数も少ないし、絵もその表情だけで楽しめるので、3歳くらいからでも楽しめる作品です。
    安心して読み聞かせできる作品としてオススメします。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が良いですね!

    恐竜の好きな息子が見つけた絵本です。
    プテラノドンが出てきますが、ちっとも怖いお話ではなくて、
    可愛らしい感じのストーリーです。

    文章も1、2行と少なくて、2,3才からでも楽しめると思います。
    6歳の息子には、ちょっと幼稚だったかな。

    後半にある、ぷてらのタクシーの現在の仕事のオチは、
    子供にはちょっとわかりにくかったかな。
    逆に、コウノトリが赤ちゃんを運んでくるという説を子供に
    教えるきっかけになりました。
    子供がそれを信じたかどうかはわかりませんが(笑)

    個人的に、絵がすごくいいなあと思いました。
    きれいなグラデーションのある色合いで、優しい感じの絵です。
    絵だけ見てても楽しめると思いますよ。

    掲載日:2008/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンガ感覚で楽しもう!

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    ルドルフシリーズや、しろふくろうのシリーズが好きな、長男が喜ぶかな〜と思って、私が借りてきました。(長男は友達との約束があるとかで図書館に行きませんでした。)
    前者のように、字がいっぱいあるのかな〜と思って開いたら、小さな子でも簡単に読める短めの(1〜2行程度)文章、でも森田みちよさんの絵が楽しく、大きな子でも十分楽しめる内容です。

    空を飛ぶ恐竜、プテラノドンがタクシーを始めた。
    お客さんは、空を飛べない鳥たち(にわとりやだちょうなど)。
    気晴らしに近くまでばかりかと思ったら、ペンギンさんのふるさと(南極?)まで行ったり、鳥以外のお客さんも乗せるようになって・・・?

    長いお話も読み応えがあるけど、短いのもマンガ感覚で楽しめます。

    掲載日:2003/10/02

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット