もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

かみなりのおやこ」 みんなの声

かみなりのおやこ 作・絵:せな けいこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1994年
ISBN:9784494004386
評価スコア 4.21
評価ランキング 15,631
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 節分にむけて

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    節分にむけて読みました
    せなけいこさんのおばけシリーズは最後のおちが
    いつも意外性に長けているので
    子供達も私も大好きです

    今回もこわさをまったく感じずに大笑いで読みました
    むしろかみなりへ親しみが沸き好きになってしまいました

    おばけやかみなりにも人間と同じような
    気持ちや生活があって・・・という視点で描かれているせいか
    優しさが伝わってきてほのぼのします

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小噺ですかい

    かみなりおやこが何を始めるのかと思ったら、なんともアットホームな長屋話。
    おまけにおちまでつけるなんざー、粋じゃござりやせんか。
    こんな軽いタッチの絵本なら、あまり意気がって「ゴロゴロ」力込めて読まなくても良いでやんすね。
    うけどころを想像しながら、読み聞かせの控えに加えさせていただきやす。

    掲載日:2016/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • この家は旦那さんの方が奥さんの尻に敷かれている。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    最後の最後に笑いがこぼれてしまいました。どんなお話かと思ったら…!後から思い出して笑えてくる種類の絵本ですね。せなけいこ先生の絵本はたまにハズレもあるけど、これはハズレじゃなくてよかった〜!ふんどしがいじめるよ〜、て!笑

    掲載日:2015/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • たしかにそうだけど

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    ラストが予想外でした。
    怖がるかみなりの子供なのですが言っているセリフが予想もしていないセリフでしたが、あーたしかにそうだよね、と思ってしまいました。
    この子も将来はおとうさんが期待するようなりっぱなかみなりさまになるのかな。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふんどしがいじめるよー

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    せなけいこさんのおばけシリーズ、これも怖くないですね〜。
    かみなりは幽霊やおばけの部類ではないような気もしますが、今回の主人公はかみなりの子ども。お父さんのように「ごろごろぴかぴか」音を立てることができなくて、「ころころぺたぺた」鳴っちゃいます。案の定、雲の隙間から下界に落ちちゃって、しかもトラに出会っちゃう。トラに追いかけられたかみなりの子どものせりふ「ふんどしがいじめるよー」が最高に面白いです。かみなりってトラのパンツですもんね。
    脇役ですが妙に色っぽいお母さんもいい味出してます。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • え?これで終わり、、、?

    雷親子が外に出るが、子供が雲の切れ間から落ちて、虎の上に落ちる。虎に怒られて子供が泣いて、、、ここで突然終わる。

    なんだかものすごく消化不良です。

    それでどうなるの???余韻はあるけど、唐突すぎる終わり方で、納得がいかなかったです。

    せなさんにしては珍しい終わり方。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 落語みたい

    言葉のいい回しが落語のような雰囲気です。
    かみなりのおかみさんはおっぱい丸出しで、
    縫物なんかしていて、その顔もなんだか昭和チックで
    読んでいて私が吹き出しそうになりました。

    オチも大笑い。
    オチに関しては息子は「?」という様子で、
    大人にうけていました。
    息子は親子で太鼓をたたくやり取りのシーンが好きなようです。

    それにしても、背負った太鼓、とらのふんどし、
    かみなりさまってどんなイメージかと思い浮かべる時、
    まずこの絵本の古風なかみなりさまが出てきます。

    昭和の香りのする本ですね。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふんどしって・・・・

    かみなりのぼうやのかみなりの音が、「ごろごろぺかぺか」って言うのにとっても面白がってました。かみのりのぼうやが、トラの事をふんどしって言ってたとこです。うちの子は「ふんどしって何?これトラなんですけど〜!!」って言って楽しんでました。

    掲載日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私がすごく好き♪

    登場人物が個性的でどれもかわいいです。
    鬼の夫婦のやりとりだったり、トラは果たして怖いのかとか‥みんなシンプルだけど味があります。
    長女はそれぞれ声色を変えて読んであげるとのめりこんで聞いていました。

    最後のオチ、たまりません。
    かみなりの子の発言がかわいすぎる♪
    長女には本当の意味でのオチのおもしろさは分かったかな〜?というかんじですが、やっぱりせなけいこさんの絵本はどれをとっても楽しいみたいです。

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと尻切れ!?

    おばけに凝ってる息子が「おばけえほん」のタイトルに惹かれ借りてきました。お父さんと雷を鳴らしていたおちびちゃんが雲の切れ間から落ちて、ちょうど虎の頭にごっつんこして、その虎に怒られたおちびちゃんの一言が…ちょっとしたショートショートのようなお話です。最後の一言がオチなんですが、ちょっと私は尻切れトンボ感がありました。「その後お父さん鬼が来てどうなったのか書けばいいのに」って言ったら、主人は「それを書いたらヤボになる」って。そんなものかなあ。
    息子はオチを聞いても、相変わらず「?」って顔。言葉遊びの絵本は来年ですかね

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット