十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

かなえちゃんへ−おとうさんからのてがみ−」 みんなの声

かなえちゃんへ−おとうさんからのてがみ− 作:原田 宗典
絵:西巻 茅子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1996年03月
ISBN:9784834013610
評価スコア 3.89
評価ランキング 28,664
みんなの声 総数 8
「かなえちゃんへ−おとうさんからのてがみ−」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お父さんにも読んでいただけたら

    原田宗典さんというと私の中では笑いいっぱいのエッセイというイメージで、西巻さんの絵本を勉強するにあたって、原田さんが描かれた子ども向けのお話ってどんな話だろうって思っていました。

    「なんでもいいから、だいすきなことをひとつ」というお父さんのメッセージ。

    それって、何か困難な出来事や嫌なことに遭遇してしまった時の自分を支える力になるものだと思います。

    これを読みながら自分にとって大好きなものを探すでしょうし、この本も自己肯定感につながる本なんでしょう。

    主人公は絵の感じからして小さな女の子ですけど、たとえば卒業とか旅立ちとか節目にあたる時の子どもに手渡す本としてもいいのかもしれないと思いました。

    おとうさんからのてがみとありますので、お父さんにも読んでいただけたらと思います。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい目

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳11ヶ月、女の子3歳ヶ4月

    3歳の娘が図書館でどうしても借りたいと言ったので
    借りたのですが、内容はちょっと3さい児には難しかったんじゃないかな?

    お父さんからの優しいメッセージが絵本いっぱいに込められていて、
    幸せな気持ちにはなりますが、
    3歳の娘にはどう心に響いたのか・・!?

    なんでも良いから好きな事を1つ見つけよう。と言う内容が
    書かれていて、どちらかと言うと、小学生のお兄ちゃんの方が、
    何か感じているようでした。

    「わたしのワンピース」と同じイラストだったので、
    そのイメージで借りてしまったけど、
    娘がもう少し大きくなってから、
    もう一度読んであげようかなと思いました。

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなえちゃんを思うお父さんの気持ちが愛に溢れているお手紙でした。ちょっと気になったのが、お父さんの天国からの手紙なのか?気になった私でした。西巻茅子さんの絵が大好きな私なので絵を眺めているととても気持ちが優しくなれる私です。幼い頃に帰れる私がいるし、温かい絵に純粋無垢な気持ちになれるので、ぼんやりと眺めていたいです。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親の気持ち

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    読み聞かせの講習会で紹介されました。
    お父さんから子供への手紙という形で、西巻さんのかわいい絵で進められてます。
    何か好きなことを見つけて頑張ってほしいという、メッセージ本です。

    この本は大人目線での気持ちが強く、子供は入り込めないので
    良い本ではあっても読み聞かせには向かないと、講演者の方がおっしゃっていました
    私もそう思います。

    でも、この本に書いてあることは親ならだれでも思うこと。
    布団に入りながら一対一で子供と話しながら読むめば、
    親も説教臭くなく自分の気持ちが伝えられるのではないかと思います。

    親から子供への手紙なんて恥ずかしくてなかなかできないですから(笑)

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低学年向きではない

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    大人が読むと感動して、わが子にもこのメッセージを伝えたいと思うのですが・・・
    この絵本の内容が理解出来るのは、高学年以上だと思います。

    絵からの情報が多いので、それを読み取るだけの人生経験の少ない幼い子にはむずかしいと思います。

    集団の読み聞かせには向かないと思いました。わが子と寄り添って読む本だと思います。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしく見守ってあげたい

    図書館で西巻茅子さんの特集があって、こういう絵本もあるんだと喜んで借りてきました。
    お話はとても短いけれどとても心に響くことばばかりでした。
    特に「からだもこころもチビだからいっぺんにいろんなことをしようとしちゃいけない」というのが今の娘にぴったりだと思いました。
    がんばっては見るけれど体もまだ備わっていないのでからまわりしがちな娘。好きなことは続けていればきっと上手になれると思わせてくれました。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんから手紙をもらうなんて素敵。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    卒業に関する絵本探しを 図書館の司書の方にお手伝いして頂きました。
    その時に 紹介して頂いた作品です。
    お父さんが かなえちゃんの人生の節目に書いた
    お手紙のようなスタイルの絵本です。
    (例えば…お誕生日とか 卒園とか…)
    いっぺんにいろいろな事をしようとしないで
    まずは 何かひとつ大好きなものを見つけよう
    …っていうメッセージには共感です。
    ただ…最後の「がんばってね」という言葉が
    温かさや優しさを感じる反面
    かなえちゃんとお父さんの距離を作っている様にも感じました。
    成長を認めている証なのかもしれませんが…。

    掲載日:2007/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんからのメッセージ

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子10歳、女の子8歳、女の子3歳

    小説家の原田さんが、娘さんに宛てて書かれたのかな?
    小さな女の子へ宛てた短い手紙に、「わたしのワンピース」風の、西巻茅子さんの挿絵がかわいらしい絵本です。
    長女の名前もかな○なので、一字変えて読んでやったらうれしそうでした。(本当はパパに読んでもらえばよかったかな?!)
    とってもマイペースな長女には、ぴったりの「何でもいいから、大好きなことをひとつ、キミはみつけるべきだ」というメッセージが、心に響いたのではないでしょうか?!

    掲載日:2004/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット