十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ひょいひょいひょい」 みんなの声

ひょいひょいひょい 作・絵:あきやま ただし
出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年09月
ISBN:9784790250999
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,151
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大きくなったり小さくなったり

    息子がもってきたので
    そのまま図書館で借りました。

    ここでレビューがないのに驚きました。
    あまり知られていないのでしょうか。

    ヒョイとなんでも飛び越えちゃう。
    富士山でも飛び越えちゃう男の子のお話しです。

    途中で横から縦になったりして
    見ていて飽きない絵本です。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳娘お気に入り

    親子ともに大好きなあきやまただしさんの絵本です。5歳長女と3歳次女に読みましたが、今回は思った以上に3歳次女の反応が良くてびっくりしました。

    男の子が砂の山や木や二階建てのお家を「ひょいひょい」と足でまたいで越えていってしまうお話です。次女は川を渡るとこと山をまたぐとこがとってもツボにはまったみたいで、ものすごく笑っていました。何度も何度も読まされた絵本で、購入を考えています。

    掲載日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもには新鮮

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    3〜5歳児に読みました
    スッキリとしたイラストに表紙から子どもの目を引く様子
    身近なお砂場の山から「ひょうい」と超えると男の子の足はぐ〜んと伸びます!
    ちょっと驚いているうちにどんどんエスカレートして、絵本がたて開きになると「うわ〜!」と予想通りの反応
    戻り方には、子どもには新鮮に映ったようで「なんだ、これでもどれるのか」とすっかり作者の思うつぼのようでした
    読み聞かせしやすいです

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきやまワールド全開

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    我家で大人気のあきやまただしさんの、1993年9月12日発行の作品。
    あきやまさんのデビューは、1993年3月25日発刊の「ふしぎなカーニバル」と言われているので、この作品は極初期の作品ということになります。
    でも、もうテイストは、あきやまただしそのもの。
    全開のあきやまワールドを楽しめました。

    物語は、主人公の男の子が、砂山をひょいっと乗り越えるシーンから始まります。
    それから、滑り台、木、二階建ての家等をひょいっと乗り越えていくのですが、それがどんどんエスカレート。
    このあり得ない想像力は、あきやまワールドならではのもの。
    子供なら、断然、食いつく内容に間違いありません。

    横長の絵本を縦に見せて、足の長さを強調する手法もとてもGood。
    良くある手法ですが、その活かし方は半端でないのがあきやまさんらしいところ。
    終わり方もスムーズ。
    あきやまさんと言えば、数多くのシリーズがありますが、これは流石にシリーズ化は無理そうなので、残念なくらいくらいです。
    文章量も適度で、まさに読み聞かせにピッタリの絵本だと思います。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供らしい想像の世界!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    砂場で作った大きな砂の山から始まって・・・
    どんどん大きいものを越えながら、自分もどんどんどんどん大きくなるというお話。
    子供のころって、本当にこうなりそうな気がしてましたよね^^
    本当に子供らしい!楽しい想像が、とても爽快に描かれています。
    子供にはいつの時代も、こういう気持ちを持っていてほしいなぁ。

    あきやまただしさんの絵本はいつも夢に溢れていて、大好きです。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険がおもしろい

    ひょいひょいひょいというリズミカルな擬音に合わせて
    どんどんいろんなものをまたいで行くと
    不思議な事が起きてしまいます。
    空想の世界ですが、こんな冒険もおもしろいかもしれないですね。
    最後、ちゃんと元に戻っておかあさんのところへ行きますが、
    子供の世界ではもしかしたらこんな冒険を何度もしたことが
    あるのかもしれないですね。

    掲載日:2010/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘に大受け

    男の子がひょいひょい色んなものを跨いで行く度、
    どんどんどんどん大きくなっていきます。
    この絵本、娘に大受け。
    特に最後のページ、
    お母さんと男の子のやり取りが大好きで、大喜び。
    何回もリクエストを受けました。

    確かにおもしろい本だけど、ちょっと娘の反応が凄すぎ。
    昨日、遊園地で90cm未満お断りの乗り物に、
    1cm足りずに乗れなかったからかな〜・・。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 成長

    「ひょい ひょい ひょい」と飛び越える男の子!

    成長のスピードの速さにびっくりです!

    男の子の逞しさにびっくりです!

    孫に肖りたい私に、希望を与えてくれる男の子のような気がします。

    男の子の成長を見逃さないおかあさんの愛情を感じました。

    やる気いっぱいの元気な男の子に、拍手したいと思いました。

    掲載日:2009/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきやまただしさん

    あきやまただしさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公がどんどんと成長していくスピードが速いので驚きました。いとも簡単に色々な物を飛び越えられる主人公がかっこ良かったです。さすが男の子だな!と感心しました。子供の自由な発想の世界に感動しました。主人公の成長を見逃さないお母さんも素敵でした。

    掲載日:2009/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひょいひょいひょいとはいかなくても・・・

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    自分で作った砂山をひょい。
    ぞうさんの滑り台をひょい。
    木や二階建ての家をひょいひょい!

    一つ乗り越えるたびに、どんどん足が長くなって、次は一体何を超えるんだろう?!わくわくしますね。
    シンプルに、それだけでも楽しいです♪

    でも、込められた願いというか・・・
    子どもたちに、こんな風にひょいひょいとはいかなくても、何とか人生の障害物を乗り越えていってほしいな〜と思います。
    そして、障害物を目の前に、溜息をついたり、ジタバタしてる自分にも、ひとつひとつクリアしていくことの大切さ、エールを送ってもらってるような気がします。

    あきやまワールド、シンプルなのにとても深いです☆

    最後のオチも楽しいです♪次女と笑っちゃいました〜。

    掲載日:2008/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット