大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

おはなしトンネル」 みんなの声

おはなしトンネル 著者:中野 真典
出版社:イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年10月15日
ISBN:9784781610689
評価スコア 4.25
評価ランキング 13,962
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 列車が通る鉄道下の小さなトンネル。
    外は雨ふり。
    誰もいないトンネルで、入り込んでくるいろいろな音を聞いていたら、想像の世界でいろいろなことが起こったのですね。
    こう言ったイマジネーションは大好きです。
    きっと不安感の裏側なんだろうな。
    雨が止んで、お母さんが出迎えに来て、空想は終わりました。
    この子は、お母さんにどんなお話をするのか、ちょっぴり気になりました。

    掲載日:2013/12/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 想像力

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    子供の頭の中という感じの絵本です。
    子供って思っていることや夢の話を話そうとしても
    つじつまも合わなくって
    次から次へめまぐるしくかわって聞いてて
    訳が分からない時ってありますよね(うちだけですか?)

    そんなことを思い出しながら読みました。
    暗いトンネルの中で怖いやらわくわくやらで
    風船のように広がっていく想像力そのものな絵本です。

    狭い空間なので広がり続ける世界が対照的で面白かったです

    掲載日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっと思いだす

    読んだ人は、雨の日のトンネルをとおる度、きっとこの絵本のことを思い出すのではないでしょうか。
    子どもでも大人でも雨降りのトンネルはさみしかったり、ちょっと不気味だったり。そんな時、この絵本にでてきた力強い絵のうまやゾウなんかが頭にうかんだら、どんなに良いことでしょう。
    トンネルから世界が一気にひろがるところ、そして現実にもどるラスト。
    絵本ならではの楽しさを堪能しました。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力膨らむ絵本

    親である大人の私が読ませていただきました。
    雨の日に,一人トンネルの前で座り込む主人公のぼく。
    この「ぼく」の想像でしょうか空想でしょうか。
    子供だからできるこの小さなぼくだけのお話の世界!
    大人の私には今となってはなかなか。。。
    きっとこの「ぼく」と同じような純粋な気持ちを持つ子供達には共感でき楽しめ,想像力膨らむ絵本でしょうね!

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカス

    全頁試し読みで読みました。雨の日の暗いトンネルの中のイメージは、やっぱり暗いから怖いイメージがしておかあさんを待っている間は、不安だったと思いました。でも、男の子の幻想が膨らんで退屈しないでサーカスに夢中になれてよかったと思いました。今年、孫と行ったサーカスが楽しかったのを思い出しました。

    掲載日:2014/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    雨の日にトンネルの中で雨宿りをしている男の子のお話。
    目を閉じている彼の空想なのか実際にあったふしぎなできごとなのか。
    どちらにせよ、こんなふしぎな小さなおはなしがたくさんあれば時間が経つのはあっという間でしょうね。
    ラストにおかあさんがしっかりと男の子を迎えに来てくれるので安心できるラストでした。

    掲載日:2014/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像の世界を不安?の中で楽しむ

    力強い絵です

    作者の名前が
    右上にあり
    絵の邪魔にならないようになのかな?

    雨宿り?に
    陸橋の下の歩道トンネルに入った感じです

    不安なのかな?

    「音」から想像しているのかな?

    空想の場面がどんどん
    展開されていきます
    迫力あり

    自分の想像の世界を絵にしているのかな?

    それにしても
    いろんなものが出てきて
    おもしろいです

    そして・・・
    よかった!
    ホッとします

    小学生の低学年の頃かな・・・
    雨が降って
    母が傘を持って迎えに来てくれたことを
    思い出しました
    ちょっと、うれしい感じ
    その感じを思い出しました

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日のトンネルは怖い

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    雨の日のトンネルで、お母さんを待っている間に男の子。
    色々なものがトンネルの先に見えてきます。
    馬だったり、ゾウだったり、楽しいピエロだったり・・

    大人からすると、好みが分かれるところだと思いますが
    私はこういった子供の想像力を掻き立てるようなストーリーが好きですね〜。

    子供のころはちょっとした恐怖や好奇心から
    実際に何かが見えてくることもあるような気がします。

    うちの次男、一人で入浴していて、出てこないなーと見に行ったら
    お風呂の壁にお化けの顔が・・と泣いてたことがあります。
    そんな姿と重なって、このお話に好感が持てました。

    掲載日:2014/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雨の日のトンネル

     雨の日のトンネル、暗くてちょっとこわい感じがするのですが。
     男の子は、トンネルの向こうにサーカスが見えたんですね。男の子はほんとうのサーカスを見たことがあって、思い出しているのでしょうか。サーカスの場面が、いきいきして楽しさがつたわってきます。
     皿をまわしている踊り子さんたちが、チャーミングでいいなと思いました。

     不思議感いっぱいのお話、最後はおかあさんがむかえにきてくれて、ほっとしました。

    掲載日:2014/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢と現実の間?

    2歳9か月の息子に図書館で借りました。

    なんていうか、とても不思議な世界。
    雨の日のトンネルの中という設定も、現実世界から隔離された感があっていいですね。
    小さいころ、夢と現実の区別がつかないことがありましたが、そんな感覚を想起させます。
    ストーリー性はなく、場面が変わるような構成。

    絵が大胆で、直感的なタッチです。
    この構成には、ぴったりな絵だと思います。
    風船を割った次の見開きが、明るくて、パっと散った感じがでてよかったです。

    息子も、思ったより気に入ったようです。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット