オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

ことりをすきになった山」 さえら♪さんの声

ことりをすきになった山 作:アリス・マクレーラ
絵:エリック・カール
訳:ゆあさ ふみえ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1987年10月
ISBN:9784033273402
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,249
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く
  • じわじわと感動が押し寄せてきます

    荒れ果てた野原にごつごつした岩山がありました。
    太陽の暖かさはあっても岩山には雨や雪の冷たさしか感じることはなく心は荒んでいたのです。
    でもある日ジョイという名前の一羽の小鳥が岩山に立ち寄りました。
    初めて生き物の温かさに触れた岩山はぜひそばに留まっていてくれるように頼みます。
    ジョイはその申し出を受け入れることはできないけれど毎年春にかならず来ることを約束して
    岩山の元を離れます。
    それからというもの岩山はただただジョイの訪れを待ち焦がれる日々を送り
    ある日とうとう岩山の心臓は爆発し岩肌が崩れ、岩山の涙の川が流れ始めます。

    岩山のジョイに対するいとおしさと岩山の寂しい心に答えようとする小鳥・ジョイの優しさがひしひしと伝わってくる絵本です。
    読んでいてとても切なくなってしまいます。
    岩山とジョイのやりとりを通して
    人の気持ちを汲み取ってあげることの大切さとか
    自分のできる範囲でいいから人のために何かやってあげたいとかいう気持ちを
    娘も持ってくれるといいなぁと感じながら読み聞かせてみました。
    漢字も多く文章も長いので一度の読み聞かせしか持ち堪えられませんでしたし
    内容はほとんど判らなかったとは思いますが
    エリック・カール氏のカラフルなイラストから何か伝わったかも・・・と思う私です。
    読み聞かせ年齢は5,6歳というところでしょうか。

    投稿日:2006/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ことりをすきになった山」のみんなの声を見る

「ことりをすきになった山」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ちかてつ もぐらごう』大森裕子さんインタビュー

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット