もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017

テーマの検索結果

現在の検索条件

5歳

126件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

クリスマスに読みたい絵本

クリスマスプレゼントには絵本をー。 大人になった今でも、この日が近づいてくると何だかソワソワしてしまいます。年に一度の大イベント、クリスマス。 この日を楽しむために、気分を盛り上げてくれるクリスマス絵本はたくさん出ています。ワクワクするお話、静かなお話、サンタの秘密、そしてクリスマスの物語などな…

笑いがとまらない!「ユーモアえほん」

「笑う」という行為は、どれだけ心を軽やかにしてくれるでしょう。 「笑わせる」という行為が、どれだけ楽しい時間をつくってくれているのでしょう。 「子ども達が笑いながら、絵本を読む。」 そんな素晴らしい風景を簡単につくってしまう「ユーモア絵本」の存在価値ってすごく高いと思うのです。 ここに特集し…

美味しそう!な絵本

絵本に出てくる「食べ物」って、どうしてこんなに美味しそうなのでしょう! 記憶にも鮮烈に残るのがダントツに「美味しそう!」な絵本なのではないでしょうか。 さあ、魅力的な食べ物が次々に登場しますよ。 読むのはおなかが空いている時?それともおなかをいっぱいにしてから?

ちゃんと読みたい!日本の昔話

昔から語り継がれてきた民話のひとつ、昔話(むかしばなし)。勇ましいお話、笑えるお話、ちょっぴり怖いお話まで内容は様々ですがどれも秀逸なストーリーばかり。話して聞かせてもらって楽しむのもお勧めですが、画家が物語の世界を個性的に表現してくれている絵本版もとても魅力的!子ども達に鮮烈な記憶を残すのではない…

待ち遠しい!春の絵本

ポカポカと暖かな陽気に誘われて、外に出てみると・・・。 春が待ち遠しいのは人間も動物も一緒ですね。

こわい?かわいい?おばけの絵本

実は、「こわい」が好きな小さい子って多い。 「こわい、こわい」って言いながら、嬉しそうな顔をしていたりするんです。面白いですよね。 怖そうなおばけから、かわいいおばけ、妖怪や幽霊まで、おばけ絵本が勢ぞろい。 怖そうに読む?楽しそうに読む?色々な読み方でがらっと雰囲気も変わりそうですね。

夏が来たらこんな絵本!

「夏」と言えば。海、虫とり、スイカ、キャンプ、ひまわり、水遊び・・・。今、思い出す幼い頃の夏は、何だか夢の中の出来事の様でもあり。現実味がないのは、あの眩しく白い日差しのせい? こども達にとって、やっぱり「夏」は特別であって欲しい! 普段と違う脳ミソをたくさん使って、一度しかないその夏を、思…

「秋を感じる絵本」特集

紅葉、落ち葉、木の実、果物・・・金色に輝く秋の自然を感じられる絵本を集めてみました。

雨を楽しむ絵本

雨の日が続くとなんだか何だか気持ちもしずむ……なんて、大人が言うこと? 絵本の中の子どもたちは雨の日なんてへっちゃら!どんな時でも遊びや楽しみを見つけてしまう天才ですからね。 水たまりを覗いてみたり、お気に入りの傘をさしてお散歩したり、雨やどりをしている虫たちを観察したり。何だかウキウキが伝わっ…

ともだちって何だろう?

『「ともだち」ってどうやってつくるの?』・・・なんて聞かれても即答できる人は少ないかもしれませんね。 だって「ともだちになるきっかけ」なんて、みんな全然違う。だからこそ、こんなに沢山の絵本が出来上がったのでしょう。 その他、「ともだち同士の付き合い方」「けんかの仕方」「ともだちを思いやる方法」。…

節分・おにの絵本

 2月3日は「節分」の日。 「おにはそと ふくはうち」みんなで豆をまいて、年の数だけ豆を食べて。その後は、鬼が活躍する絵本を読んでみましょう! でも、昔話や絵本の中の鬼は怖いだけじゃないようで・・・。心優しい鬼、寂しがりやの鬼、気のいい鬼。「鬼はそと!」と、単純に追い出すだけでいいの?なんて思い…

初心者でも安心!定番読み聞かせ絵本

「初めての読み聞かせ、何を読んだらいいの?」「読み聞かせに挑戦してみたい!」 そんな方のために、長くおはなし会で愛用され、子ども達に喜ばれてきた定番絵本 を集めました。まずはこの中で、対象の子ども達の年齢に合ったもの、読み手自身が 面白いと思う作品、読み手の声に合った作品という観点から、読みた…

「絵本から童話へ・・・」幼年童話特集

「幼年童話」という基準も曖昧なんですが、ここでは絵本から読み物の橋渡し・・・と考えて以下の条件をつけて選んでみました。 ・絵が多くて入り込みやすい。 ・字が大きくて読みやすい。 ・お話が少々長くても大人が読んであげることで楽しめる。 ・A5サイズくらいのあくまでも「本・読み物」という形を…

お月さまの絵本

日本には、昔から満月を眺めて鑑賞する「お月見」という美しい風習があります。子ども達にとっても「お月さま」は特別な存在なのではないでしょうか。 絵本の中でもおつきさまは、美しく優しく見守ってくれています。

お姉さん、お兄さんになる絵本

 赤ちゃんを迎えるという事は初めてお姉さん、お兄さんになるということ。とまどいや不安が多いのが普通です。親の不安もあるのでしょうね。そんな時に少しでも役に立ちそうな絵本を選んでみました。同じようなエピソードがたくさん出てくる事で安心できるかもしれません。赤ちゃんの事をたくさん知るのも方法ですね。 …

雪の本

寒く長い冬。降り積もる雪は大人にとってはやっかいでも、子どもにはわくわくする特別な一日に早変わり。外に出るだけで何もかもがいつもとは違う景色に目を輝かせて・・・。そんな気持がたくさん絵本になっています。楽しく遊ぶ雪の日、静かに降り積もる美しい雪景色、喜ぶいきもの冬眠してしまういきもの、街に降る雪自然…

新一年生に贈る絵本

いよいよ春から小学生。「小学校ってどんなところだろう?」「ともだち作れるかなあ?」期待と不安が混ざってドキドキしているはず。 学校に行くのが楽しみになるような絵本を集めてみました。 入学準備に、お祝いに選んでみてくださいね。

たなばたの絵本

 7月7日は七夕の日。大きな笹に飾りをいっぱいつけて、願い事を書いた短冊をつけて。夜は空に天の川を探して・・・。 一年を通しても楽しい行事の1つです。そして七夕の行事の由来には織姫と彦星の切ないおはなしも。飾りつけをした後は静かに物語を味わってみてください。今年は天の川が見れるかな・・・。

歯、むし歯の絵本

 6月4日は「むし歯予防デー」、そして4〜10日が歯の衛生週間です。お菓子が大好きな子でもきちんと歯を磨いていれば問題ないのだけれど・・・ほら、見つけた!歯みがきがきらいな子、歯医者さんで大泣きしている子。これはもう絵本に頼るしかないでしょう。「歯みがきが楽しくなる本」「虫歯を怖がらせる本」「歯医者…

ねこの絵本

「ねこ」をモチーフとした絵本は、どうしてこんなにも個性的で、こんなにも心を惹きつけるのでしょう。 きっと作家さんの「ねこ」への溢れる愛情が作品からにじみ出ているのでしょうね。 「ねこ」が好きでも飼えない!という方も、「ねこの絵本」をたくさん読んで楽しむことにしましょうか。

126件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット