新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
日高敏隆(ひだかとしたか)

日高敏隆(ひだかとしたか)

お気に入りの作家に追加する

日高敏隆さんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

4件見つかりました

表示

岩波少年文庫 チョウはなぜ飛ぶか

岩波少年文庫 チョウはなぜ飛ぶか

著:日高敏隆  出版社:岩波書店  税込価格:¥836  
発行日:2020年05月19日  ISBN:9784001142518
地球の生きものたち〔決定版〕

地球の生きものたち〔決定版〕

著:デイヴィッド・アッテンボロー  訳:日高敏隆 今泉 吉晴 羽田節子 樋口広芳  出版社:早川書房  税込価格:¥9,900  
発行日:2019年09月19日  ISBN:9784152098856
カエルの目だま

カエルの目だま

作:日高敏隆  絵:大野八生  出版社:福音館書店  税込価格:¥1,430  
発行日:2011年05月  ISBN:9784834026535
  ためしよみ
光村ライブラリー 5 からすの学校 ほか

光村ライブラリー 5 からすの学校 ほか

著:山田 真 竹田津 実 日高敏隆  出版社:光村図書出版  税込価格:¥1,100  
発行日:2002年03月01日  ISBN:9784895281034

4件見つかりました

日高敏隆さんの作品のみんなの声

  • 複眼ってなんだ?

    ざんねんな生き物ずかん、や図鑑付属のDVDなどで生き物を扱ったものが好きな我が家の5歳娘、3歳息子と読みました。「複眼」を絵で見ることができ、理解ができたようです。途中、カエルの目が一瞬複眼になってい・・・続きを読む

  • 科学を素敵なイラストで

    以前、大野八生さんの作品「じょうろさん」を読みました。 大野さんの描く自然の世界がとても素敵で、すっかりファンになりました。 こちらも、大野さんが絵を描いているということで、読みたいと思いました。・・・続きを読む

  • 目だま自慢

    目だま自慢をしたカエル・ギンヤンマ・ミズスマシでした。 結局は、 「カエルの目だまはカエルの目、 とってもうまくできている。 ヤンマの目だまはヤンマの目、 こいつもうまく・・・続きを読む

  • それぞれの生き物の「目だま」の個性

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    科学絵本といっていいと思いますが、意外とストーリー性があってびっくりしました。(著者のロマンチストな部分が伝わってきました) この絵本では、登場するそれぞれの生き物の「目だま」の個性について わか・・・続きを読む

  • どの目もステキ

    このお話は、池で自分の目を自慢するカエルとトンボとミズズマシのお話でした。それぞれが自分の目のすごい所を自慢する姿が面白いと言っていました。そして最後には小さなことを自慢してくだらないことだと気付き、・・・続きを読む


えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします

全ページためしよみ
年齢別絵本セット