もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

いとう ひろし

いとう ひろし

1957年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業。独特のユーモラスであたたかみのあ
る作風の絵本・挿絵の仕事で活躍中。おもな作品に 「おさるのまいにち」シリーズ(講談社刊、路傍の石幼少年文学賞受賞)、「ルラルさんのにわ」シリーズ(絵本にっぽん賞受賞)「くもくん」(以上ポプラ社刊)、「あぶくアキラのあわの旅」(理論社刊)、「ごきげんなすてご」シリーズ、「ふたりでまいご」「ねこと友だち」「マンホールからこんにちは」「アイスクリームでかんぱい」「あかちゃんのおさんぽ@A」「ねこのなまえ」(以上徳間書店刊)など多数。

「ふたりでまいご」の姉妹編、「ふたりでおるすばん」が徳間書店から11月に刊行予定!


いとう ひろしさんの作品ピックアップ

  • ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ ルラルさんのえほん(1) ルラルさんのにわ 作:いとう ひろし
    出版社:ポプラ社
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784591069424
    ルラルさん自慢の芝生の庭、毎日お手入れをかかしません。誰にも入ることを許しません。ところが、ある日・・・。
    ルラルさんはまじめで結構こだわり派。でも、面白そうな事を発見すると試してみずにはいられない可愛らしい性格でもあるのです。そこがこの「ルラルさん」シリーズの魅力!いつでものんびり平和な空気が流れているのです。

  • だいじょうぶだいじょうぶ だいじょうぶだいじょうぶ 作・絵:いとう ひろし
    出版社:講談社
    本体価格:¥1,000+税
    ISBN:9784062528634
    子ども達に読んであげようと本を開いていると、「自分が泣いてしまった。」という親続出でベストセラー。
    二人でおさんぽするおじいちゃんと僕。そしてどんな時もおじいちゃんのおまじないは「だいじょうぶ、だいじょうぶ。」
    いつまでも僕を優しく包み込む言葉、時間となったのです。そして今度は・・・。
  • ルラルさんのえほん(5) ルラルさんのほんだな ルラルさんのえほん(5) ルラルさんのほんだな 作:いとう ひろし
    出版社:ポプラ社
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784591087985
    ルラルさんも5作目になると、庭のみんなともすっかり仲良し。ある日、ルラルさんが本を読んでると「読んでくださいよ。」とみんながやってきますが・・・。本の世界と現実の世界の行き来が忙しい「庭のみんな」。でもそこはルラルさん、いつのまにか一番楽しんじゃったりして。みんなにそっと家に帰る事を促される辺り、この関係性に心がほんわかしてきます。
  • ねこのなまえ ねこのなまえ 作・絵:いとう ひろし
    出版社:徳間書店
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784198621735

    公園で出会った一匹のねこに「名前をつけてほしい。」とお願いされるさっちゃん。
    名前をつける・・・という行為にスポットを当てているのが面白い!名前を考える時間、名前をつける瞬間、名前を呼ばれる気持ち。
    喜びと感動に溢れた行為なんですね。名前のある幸せ、みんなで考えてみよう。
  • へびくんのおさんぽ へびくんのおさんぽ 作・絵:いとう ひろし
    出版社:鈴木出版
    本体価格:¥1,200+税
    ISBN:9784790260356
    へびくんのおさんぽの試し読みができます!
    絵を追って見ているだけで理屈抜きで笑ってしまうこのおはなし。「うわ!重そうー。」とか「何だこの形ー!」とか子ども達が思わず叫んでしまう姿が目に浮かびます。
    ユーモアたっぷり、そしてナンセンス。こういう絵本もいとうひろしさんの真骨頂なんだと思います。
  • おさるのまいにち おさるのまいにち 作・絵:いとう ひろし
    出版社:講談社
    本体価格:¥1,100+税
    ISBN:9784061978225
    朝起きておしっこをして、ごはんを食べて、遊んで・・・毎日繰り返される平和で幸せな日々。ぐるぐるまわる毎日に時々ちょっと変わった事が起きて。そんなのんびりした時間、ゆったりとした気分、小さな驚きを自由なページの使い方で見事に表わした幼年童話の傑作です。おすすめ!シリーズ全8冊。

  • ごきげんなすてご ごきげんなすてご 作・絵:いとう ひろし
    出版社:徳間書店
    本体価格:¥1,300+税
    ISBN:9784198602352
    生まれたばかりのおとうとにつきっきりのおかあさん。面白くないあたしは「すてご」になる事を思いついた!何てキテレツな発想、素晴らしい行動力。そしてめまぐるしく想像がふくらんでいくのも子どもらしい。「おねえさん」になることへの小さな抵抗も頼もしく思える元気な女の子のおはなしです。幼年童話ですが、前頁に絵があり絵本から読み物への橋渡しにぴったりの読みやすさです。シリーズ全3冊。

  • マンホールからこんにちは マンホールからこんにちは 作・絵:いとう ひろし
    出版社:徳間書店
    本体価格:¥1,400+税
    ISBN:9784198614737
    お買い物の帰り道、アイスクリームを食べながら歩いていると、マンホールからきりんの首が!?この突拍子もない発想のもとは、いとうさんがマンホールのふたを見ながらこの下には地下のジャングルがあって工事のおじさんがワニや大蛇と戦っているんだ、とか想像していた事から・・・なんだそうです!現実からふっとつながる不思議な世界が最高に面白い一冊です。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

131件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  4  5  ...  次へ→  最後のページ

表示

絵本ナビオリジナルの人気ランキング。
評価・レビュー数・絵本ナビでの売上・専門家の評価をもとに総合的に算出しています。

プレミアムサービスへのご登録で、
人気順ランキングをご利用いただけます。

プレミアムサービスに登録する

いとう ひろしさんの作品のみんなの声


林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット