ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
新刊
きみの話を聞かせて しろさめ作品集

きみの話を聞かせて しろさめ作品集(小学館集英社プロダクション)

全編透明水彩画で描かれたイラスト作品に、描き下ろしのショートコミックを大幅に加えた、待望の作品集!

  • 泣ける
  • かわいい
だれがいちばんはやいかな

だれがいちばんはやいかな

  • 絵本
作・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: いとう ひろし
出版社: 絵本館 絵本館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2001年05月
ISBN: 9784871101608

出版社からの紹介

ちいさなカタツムリが、どうぶつたちと競争することになりました。さあ、その結果は?
最後の最後で「なーるほど!」の楽しいおはなしです。豊かな色彩もすてきな絵本。ぜひ、おすすめの一冊!
ちいさな生き物たちを、あたたかい目でみつめるマイケル・グレイニエツさん。今回もあたたかくユーモラスに描いています。

ベストレビュー

「うさぎとかめ」のマイケル・グレニエツ版

いとうひろしさんが邦訳されていましたが、面白いのはタイトルの文字は高畠純さんなんですよ。
「お月さまはどんなあじ?」のマイケル・グレニエツの作品です。
イソップ物語「うさぎとかめ」の著者版といった感じです。
「自分が早いと思っている動物」がウサギだけでなく、
ウマとネコとニワトリも登場しています。
そして“のろまな生き物”の代表はカメではなく「カタツムリ」でした。
登場するそれぞれの動物の特性を上手に生かしたオチが楽しかったです。

絵を邪魔しない工夫と思われますが、文字が白抜きになっているページが多いです。
低学年くらいのお子さんたちになら読み聞かせに使っても面白そうですが、教室での読み聞かせ打と、こういう白抜きの字は大変読みづらいので、使うときは下読みをしっかりしていったほうがよさそうです。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,430円
1,540円
1,650円
1,980円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

847円
990円
275円
550円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

だれがいちばんはやいかな

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.78

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 32人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら