アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
みんなうまれる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなうまれる

  • 絵本
作: きくち ちき
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2014年09月11日
ISBN: 9784752006848

3歳から
A4 32ページ

みどころ

ふんわり優しいひかりの色。
きょうも太陽がほほえんだ。
そのほほえみの中で、芽がうまれ、虫もうまれ、色がうまれる。
にぎやかな音がうまれては消え、ぬくもりがうまれてはつつみこんでくれる。
・・・そして、ぼくもうまれた。

ああ、すべてのものには“うまれる瞬間”があるんだなあ。
きくちちきさんが描く「たんじょうの話」は、やわらかくて、あたたかくて、美しい。
色も線も、言葉ひとつひとつも、これからうまれてくるものを祝福してくれているかのよう。

太陽がまぶたを閉じれば、今度は星たちがうまれる。
「おやすみなさい」
うまれたばかりのぼくを見守るのは、おかあさんの笑顔。
そこにうまれたのは・・・

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

太陽がほほえむと、芽がうまれ、虫もうまれ、色がうまれ・・・そして、ぼくもうまれた。
やがて夕方になり、太陽がまぶたをとじると、星たちがうまれる。
太陽が見守る中で、すべてのものがうまれていく。
すべてのものにある“うまれる瞬間”を、美しく描いた絵本。

ベストレビュー

あたたかいやさしい黄色な中の顔が好き。

今まで読んできたきくちちきさんの作品の中で、これが一番好みです。
最初のページの
 きょうも たいようが ほほえんだ
いいですね〜。あたたかいやさしい黄色の背景の中に、柔らかい線で描かれた顔が一つ。
今日れるな色や線で描かれたものと違ったインパクトがあります。
使われている言葉は詩的で響きがいいです。

読み聞かせに使うなら、小さなお子さんより、中学生・高校生や大人がいいかもしれません。

(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きくち ちきさんのその他の作品

もみじのてがみ / とらのこ とらこ / みんな生きている / パパのぼり / パパおふろ / ぱーおーぽのうた



ことばの世界を広げるうたをバラエティ豊かに200曲掲載♪

みんなうまれる

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット