おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
まっくろけのまよなかネコよおはいり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まっくろけのまよなかネコよおはいり

  • 絵本
作: ジェニー・ワグナー
絵: ロン・ブルックス
訳: 大岡 信
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年11月
ISBN: 9784001105827

幼,1.2年以上
32頁

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

犬のジョン・ブラウンは,ローズおばあさんが1人きりで住む古い家を守ってきました.ところが,2人だけの世界に突然わりこんできた1ぴきの黒ネコをめぐって,ドラマが始まります.

ベストレビュー

読んだ人がどんな風に感じるのか?

この絵本も高学年の読み聞かせリストの中で見つけたものです。

でも、この絵本感想を書く人泣かせの絵本かもしれないと思ったのは私だけかもしれません。

読んでいる時、クスッとするところもあるし、読後「ああよかった」とも思える、でもこの感情って何なの?と問い直して言語化するのって難しい。

犬とおばあさんだけの生活の中に、入り込んできた一匹のねこ。おばあさんがねこに興味を示すのがおもしろくない犬。

その生活で充足している二者関係にとって、その関係が三角関係になるのは好ましくないのかもしれない。

犬とおばあさんとの関係とだけ考えると限定的だけれど、こういうことって、たとえば下の子が生まれる時の上の子の気持ちとか、生活の中でも同じようなことはありそうで。

先に気がついた人が折れるというのかな。自分の内的な枠を広げるってこんなことをいうのかなとも思えてました。

わかりにくい感想ですけれど、読んだ人がどんな風に感じるのか?感想を聞いてみたい本の一つです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ロン・ブルックスさんのその他の作品

キツネ / ぶたばあちゃん / ティモシーとおじいちゃん / くまさんとことりちゃん

大岡 信さんのその他の作品

声でたのしむ 美しい日本の詩 / こども「折々のうた」100 10歳から読みたい日本詩歌の決定版! / 21世紀版少年少女古典文学館(24) 万葉集 ほか / 岩波少年文庫 おとぎ草子 (改版) / 岩波少年文庫 131 星の林に月の船 声で楽しむ和歌・俳句 / 岩波少年文庫 514 ファーブルの昆虫記 下


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 総記 > まっくろけのまよなかネコよおはいり

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

まっくろけのまよなかネコよおはいり

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット