新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
まりーちゃんとおおあめ

まりーちゃんとおおあめ

  • 絵本
作・絵: フランソワーズ
訳: きじま はじめ
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1968年06月20日
ISBN: 9784834001457

読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 雨です、雨です、いやな雨、まりーちゃんは学校へ行けません。雨はどんどん降り、とうとう小川の水があふれ、あたり一面水びたしになってしまいました。水かさが増し、水は家の中にも入ってきます。まりーちゃんのお母さんは「おばあちゃんを2階に押し上げとくれ」。お父さんは、「生き物を安全なところにやっとくれ」。まりーちゃんは言われたとおり、おばあちゃんを家の2階に連れていき、動物たちを安全な山の上に導きました。家に戻り、みんなで2階に集まったけれど、ストーブに火はなく、たきぎは水の中。雨降り、雨降り、いやな雨です……。

みどころ

 大雨が降り、いつもは笑顔のまりーちゃんもこの作品では悲しそうな顔をしています。大水におそわれ、村人たちがどのように災害を乗り切ったのかがおなじみの調子で語られる、ちょっぴりシビアなお話です。そんな中、あひるのまでろんが大活躍。明るい希望の象徴となってくれました。大水が去った後の太陽輝くページには喜びがいっぱいです。
――(ブラウンあすか)

出版社からの紹介

雨、雨、雨……。まりーちゃんの家は、洪水で孤立してしまいます。助けはこないし、食べ物もなくなりました。女の子の洪水の体験を、明るい、のびやかな楽しい絵で描いた絵本。(★復刊・限定出版のため、すぐに売り切れる場合がございます。お早めにお買い求め下さい。)

ベストレビュー

洪水のお話です

 これは実際にフランスで起こった出来事を、記憶にとどめる意味も込めてお話にしたのでは……。そんな感想を持ちました。天災を扱っているのでテーマとしては明るくありませんが、そのとき、村の人々、家族、まりーちゃん、動物たちはどんな風に災害を乗り切ったのか、そんな事実が子どもの目を通して、本シリーズに共通する口調でたんたんと語られています。あひるのまでろんが、ちょっぴり活躍するところがユーモラスで可愛いです。
 最後、水がひき、太陽が出てきてよかった、よかった! 本作品は復刻絵本とのこと。アメリカの絵本となっていたので意外でした。
(ムースさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ひとは なくもの
    ひとは なくものの試し読みができます!
    ひとは なくもの
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    「泣く子はきらい」ってお母さんは言うけれど、一つ一つの涙にはちゃんと理由があるんだよ!心うたれる絵本

フランソワーズさんのその他の作品

こねこのミヌー / コレットちゃんは おかあさん / まりーちゃんとおまつり / ねずみのちょびちょび サーカスのスターになる / みみちゃんとヤギのビケット / ロバの子シュシュ

きじま はじめさんのその他の作品

英日CD付 英語絵本 はなをくんくん THE HAPPY DAY / ヒマラヤのふえ / くいしんぼうのあり


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > まりーちゃんとおおあめ

堀内誠一さん生誕90周年連載 50年の時を超えた合作・谷川俊太郎×堀内誠一『ちちんぷいぷい』

まりーちゃんとおおあめ

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.06

何歳のお子さんに読んだ?

パパの声 1人

パパの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット