新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
いいこねんね

いいこねんね

  • 絵本
文: 内田 麟太郎
絵: 長谷川 義史
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥990

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年02月20日
ISBN: 9784494003471

出版社のおすすめ年齢:0・1歳〜
B5変型判 21×18.7cm 20ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

さるのお母さんがうたいます。
「いいこ ねんね いいこ ねんね」

いぬの父さんも、ねこの母さんもうたいます。
「いいこ ねんね いいこ ねんね」

すると子どもたちは、みんな甘えながらすやすや眠ります。
なんて幸せそうな顔をしているのでしょう。

今度はぼくの番。
ぼくにも、母さんがうたってくれます。
「いいこ ねんね いいこ ねんね」
大好きな母さん、夢の中でも一緒。ぼくが寝ている間も一緒・・・。

ほらほら、安心してすっかり眠っちゃったよ。
この寝顔が見られるから、父さんも母さんもがんばれるんだよね。

うたっているような文章が耳に心地よいおやすみ絵本。
繰り返しのリズムが優しい眠りを誘ってくれます。

「子どもたちが安心して眠ることができる」
簡単なようだけど、一番大切なこと。
子どもたちの気持ちよさそうな顔を見ながら、かみしめたいと思います。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

「さるの母さん歌います。いいこ、ねんね。いいこ、ねんね」ゆっくりとページをめくると、「すやすや、すやや。すやすや、すやや」…母さんに抱かれて、子ザルはすっかり安心して眠っています。そしてまたゆっくりぺーじをめくるとこんどは子イヌ。「いいこ、ねんね。いいこ、ねんね」と歌うお父さんに「くうくう、くーん。くうくう、くーん」とピッタリくっついて、安心しきって眠ります。リズミカルで心地よい、やさしい歌に抱かれて、ぐっすりと、安心して眠れることのできるしあわせを描いた、あかちゃん絵本です。

ベストレビュー

優しい気持ちになれる絵本

なんだか安心感がすごく伝わってきて、本当はこんな風に子供たちを眠らせてあげないといけないんだよね。とちょっと考えさせられる絵本でした。子供に読んであげるととっても気持ちよさそうに眠る動物たちが登場するのでなんだか穏やかな気持ちになってくれる気がします。そしてやっぱりこの絵本に登場するみんなのように優しく穏やかで安心して眠ってくれている姿を見るのは親の宝物なんだと思います。この寝顔のために頑張っているんだ。っていうように、本当に寝顔には癒されます。眠る前には子供が笑顔で安心して毎日眠れるように、優しい絵本を読んであげたり、お話をしてあげたり、お歌を歌ってあげたり、手を持ってあげたりしてあげたいな、そう思いました。素敵なかわいい1冊です。
(ピンクちゃんさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,650円
1,320円
2,178円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,430円
880円
1,980円
1,320円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

いいこねんね

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら