新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
はるかぜさんぽ

はるかぜさんぽ

  • 絵本
作: えがしら みちこ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,320

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2017年03月08日
ISBN: 9784061333178

出版社のおすすめ年齢:2歳〜
32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「おさんぽ」が好きな子にとって、春は絶好の季節。
女の子がお気に入りのワンピースを着て、新しいお靴を履いて散歩に出ます。

行ってきまーす、と元気よく出発したお外は春真っ盛り。

桜が咲いていたり、レンゲや、タンポポ、菜の花にスミレ、どの花も可憐に咲いています。
子どもが大好きなだんご虫や、ちょうちょに出会い、綿毛を飛ばしたり、風の声を聞きます。

女の子は、その小さな体で、見て触って、春を全身で感じとっています。

優しい文章と、みずみずしい水彩で描いた、人気シリーズの第4弾です。
同じ「おさんぽ」シリーズ『あめふりさんぽ』『さんさんさんぽ』『ゆきみちさんぽ』も合わせて、季節ごとに読むと、お散歩がますます楽しくなりそうです。

(福田亜紀子  元絵本編集者)

はるかぜさんぽ

出版社からの紹介

春のおさんぽで出会ったのは、たんぽぽ、ちょうちょう、やさしい風……思わず外へ出かけたくなる、季節感たっぷりのおさんぽ絵本。

ベストレビュー

明るくかわいい絵本

女の子が春の散歩を笑顔で楽しむ様子が描かれていてとてもかわいらしく、絵がなんとも言えず素敵で女の子の楽しい感じがすごくよく表現されていてすごく素敵な1冊でした。なんだかうちの子供が小さかったころを思い出してしまいました。こんな風にすごくお散歩を楽しんでいてくれたなあ。大きくなるとお散歩なんて行ってくれなくなってしまったので、小さなころに思い切りお散歩を楽しんでもらいたいですね。とってもかわいい1冊でした。
(ピンクちゃんさん 40代・ママ 女の子12歳、男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,210円
1,210円
1,430円
1,320円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

462円
2,420円
2,838円
2,838円

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりものの試し読みができます!
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします



絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

はるかぜさんぽ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら