新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
ぬけちゃった

ぬけちゃった

  • 絵本
作: スティーブ・アントニー
訳: せな あいこ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2017年07月20日
ISBN: 9784566080201

27×26.5cm/32ページ

出版社からの紹介

ビビちゃんはパソコンが大好き。パソコンにつながって毎日楽しく遊んでいたのですが、ある日プラグがぬけて、お外にころがり出てしまいました。さあ、たいへん。でも、そこには新しい冒険が……。パソコンみたいなユニークな姿の主人公が登場です!

ベストレビュー

それで→だから→それで→こうなって…。

「女王さまのぼうし」でケイト・グリーナウェイ賞候補になったスティーブ・アントニーさんの作品です。(この絵本、面白くて好きでした)

それで → だから → それで → こうなって ……。と出来事の進んでいく過程が明確で、好感が持てました。

絵の表現の仕方は、アニメーションの画像を切り抜きしたみたいな感じで立体感があります。なので、遠目も利きます。
主人公のビビちゃんはロボットなのかな。
いかにも「ロボット(子ども)」と見える容姿も、1ページ描かれている出来事の情報量も、はっきりとわかりやすくてよかったです。

パソコンのゲームなどもいろいろ描かれていて、こういうところは今風だなと思いました。
「ぬいちゃった」の文字に遊び心があって、楽しいです。
小学校低学年くらいのお子さんたちに読んでみたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子22歳、女の子17歳)

関連記事

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

ぬけちゃった

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら