新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
ぬまの100かいだてのいえ ミニ

ぬまの100かいだてのいえ ミニ(偕成社)

シリーズ最新刊のボードブック発売!

  • ためしよみ
いしになった かりゅうど モンゴル民話

いしになった かりゅうど モンゴル民話

作: 大塚 勇三
絵: 赤羽 末吉
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥1,540

「いしになった かりゅうど モンゴル民話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年04月27日
ISBN: 9784834000764

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
23X32cm・36ページ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

心のやさしい狩人ハイリブは、助けた白へびから恩返しとして、鳥やけもののことばがわかる玉をもらい受けます。ある日、鳥たちが「明日、大雨で山が崩れる」と話しているのを聞いたハイリブは、村人たちに逃げるように伝えますが、信じてもらえません。でも、鳥のことばがわかることを他の人に話してしまうと、ハイリブは石になってしまうのです。ハイリブは悩んだ末、ある決断をしました・・・・・・。心を打つモンゴルの昔話。

ベストレビュー

自己犠牲

日本にも、同じようなおはなしがあります。
このようなおはなしを子どもに読むとき、とても悩んでしまいます。
自分を犠牲にしてまで、村人を助けることが、子どもたちにどう伝わるのか不安になるのです。
私たちが子どもの頃は、命の重さを知ってたから、このようなお話を読んでも、
深く考えることが出来ました。
今の子どもたちは、1度死んでも生き返ると思っている子もいるくらいで、
このようなおはなしの真意が伝わらないのではと思ってしまいます。
誰の命も尊いです。大勢を守るために犠牲にしていい命なんてないです。
それでも、犠牲にした若者のことを、たたえるのではなく感謝し続けることが大事なのだと思います。
助けられた側の思いを知ることが大切だと思います。
(おるがんさん 40代・ママ 女の子、男の子)

関連記事

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

いしになった かりゅうど モンゴル民話

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら