新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくのはなし

ぼくのはなし

  • 絵本
作・絵: 和歌山 静子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 1992年10月
ISBN: 9784494001514

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
山本直英・監修
B5変型判・20.7×22.2cm・32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

父さんと母さんとで、ぼくという人間をつくってくれた。ぼくは、どこから生まれた?

ぼくのはなし

ベストレビュー

ドッキリ★

この本は三冊セットのおかあさんとみる性の本のうちの一冊です。
先日、1年生の息子が私のおっぱいタッチしているのを見て、4年生の息子が、
「スケベすると、子どもが生まれるんでしょ!」と言い出した。
きたきたきた〜〜!!!と思った私は、
「ええっ!スケベするって何すること?」と振ってみたら、
この本を持ってきて、確信に近いページを開き、「このことだよ。」とにやにや。

いつの間にか多様な情報を入手する年令になったんだな…と思いながら、
この本をゆっくり読み始めた。

幼稚園の頃、買ってあったけど、息子にきちんと読み聞かせたのは数えるほど。それでも、どのページにどんな絵があるか覚えている様子。
性教育は難しいと思っていたけど、この本のお陰ですんなり話題に出して、最低限必要な大事なことを話して聞かせることができて助かった。

●女の子を大切にする
●心身共成長して、責任が取れるようになってから行動する
●人類が廃れないために子を残すことは大事

母が話せるのは、今回のみ。あ〜ドキドキした。
さあ、これからは父の出番よ〜。
(父:えぇ〜僕大丈夫かなぁ…。もじもじ)
お父さん頑張って〜。
(かがやきさん 40代・ママ 男の子9歳、男の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
4,950円
1,540円
2,420円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,980円
1,760円
550円
385円

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

ぼくのはなし

みんなの声(9人)

絵本の評価(3.9

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら