話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
サムならきっとできるから

サムならきっとできるから

作: エイミー・へスト
絵: アニタ・ジェラーム
訳: 小川 仁央
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2003年11月
ISBN: 9784566007673

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜

出版社からの紹介

プラム村の、冬の夜あけまえのこと。かあさんぐまとサムぼうやは、ともだちみんなにケーキをやいている。あけがた、とうとうケーキはやきあがった。さあ、この「おいしい おくりもの」をくばるのは、だれでしょう?

ベストレビュー

簡単そうで難しい、見守る愛情。

「ぼうや、おくちをあけて」のエイミー・ヘストの作品です。ママとぼうやのイラストを見ると、この「サムなら…」は、たぶん「おくちをあけて」の続編だと思います。
この絵本を盛り上げてくれているのは、なんといっても、アニタ・ジェラームのイラストです!
わざと紙質を見せるこの質感に心地よい暖かみを感じるのは、わたしだけではないと思います。
テーマは『子どもの自立』でしょうか?
一晩かけて母子で作った美味しいケーキを、子どもの友達の家へ届ける話なのですが、母ぐまはいつも、お友達の家の近くで車をとめ、子ぐま(サム)に車から玄関まで歩いて届けさせるのです。
その時、必ず肩を抱きしめて「サムならきっとできるから」と、励ますのです。
見守るという、簡単そうでいて、これが中々難しい、母の愛情を、再認識させられる絵本でした。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子4歳)

関連記事

出版社おすすめ




本の世界に踏み出そう〜ディズニーの夏をめいっぱい楽しむ

サムならきっとできるから

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら