新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • 学べる
  • 役立つ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
あのひのこと――Remember March 112011
  • 全ページためしよみ作品は送料無料

あのひのこと――Remember March 112011

  • 絵本
作・絵: 葉 祥明
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年03月15日
ISBN: 9784333025305

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
23センチ×25センチ
32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

続きを読む
あのひのこと――Remember March 112011

ベストレビュー

あのひのことを葉祥明が描いたら

あの東日本大震災を葉祥明が描いたら、こうなるのですね。
あれはとても悲しい現実でした。
葉さんは、葉さんの世界で、あの災害を語っています。
オブラートにくるんだような風景画。
生々しさがないというか、霧の向こうに見える風景のような描写は、
残念ながらインパクトのところでは弱さを感じます。
でも、それが葉さんの描き方なのです。
オブラートは溶けていくと、後からじんわりと、しかも奥深く効いてきました。
語られていることは、津波の恐ろしさ、被災者の悲しみと精神的負担、それでも海が好きだという思い…。
主人公を置きながら、いろいろな経験、思いを繊細に描き切っていると思います。
読んで感じるという絵本ではなさそうですが、効果音楽のようにひしひしと伝わってくる、
葉さんならではの、「あのひ」の絵本です。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
2,035円
1,430円
1,540円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

3,080円
6,160円
1,540円
2,530円

出版社おすすめ

  • ふゆごもりのネム
    ふゆごもりのネムの試し読みができます!
    ふゆごもりのネム
    出版社:世界文化社 世界文化社の特集ページがあります!
    森のシェアハウスが舞台の心あたたまる、冬の一夜のファンタジー。「自立」と「共生」がテーマの成長物語!



『100にんのサンタクロース』好きなサンタさん投票TOP10結果発表!!

あのひのこと――Remember March 112011

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.42

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら