話題
たべもののまちABCity

たべもののまちABCity(小学館集英社プロダクション)

A〜Zのたべものでできた世界で一番おいしそうな街。おいしくてかわいい、ふしぎな街を一緒に探検しよう!

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
クリスマスのりんご

クリスマスのりんご

  • 児童書
文: ルース・ソーヤー アリソン・アトリー
編: 上條 由美子
訳: 上條 由美子
絵: たかお ゆうこ
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2012年10月05日
ISBN: 9784834027488

出版社のおすすめ年齢:4歳〜
21X16cm 200ページ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

クリスマスにまつわる外国のお話、九編が入った短編集です。
アトリー、エインズワースなどさまざまな書き手がつむぐあたたかいお話を素敵な挿絵とともにお楽しみください。

ベストレビュー

クリスマスに親子で楽しみたい

アリスン・アトリー、ルース・ソーヤー、エインズワースなどが書いたクリスマスにまつわる九つの短編が収録されています。

どのお話も、暖かく優しい気持ちになるものばかりで、幼年童話としてもぴったりの内容でした。

ただ、11歳になった息子はこの手のほのぼの暖かいお話がだんだんと苦手になってきているようで他の話を読んでほしいと言われてしまいました。もう少し前に出会えていたら、一日一話的にも読めてよかったのでしようけれど。

「小人とくつ屋のむすこたち」「大きな白い子ネコ」など、どこかで読んだことがある昔話もありました。

「クリスマスのりんご」は、『神の曲芸師』として知られているお話にどこか通じるものを感じましたし、「人形の家」は「くるみわり人形」を思い出しました。

子どもの気持ちの優しさとか、大人の優しさなど、人っていいなあ、生きているといいことが起きることがあるなあと思える作品群が多くて、ほのぼのとした気持ちになります。

クリスマスプレゼントとしても喜ばれそう。児童書ですが、お子さんだけが読むのではなくて、親子で楽しみたい児童書だと思います。

アドベントカレンダーのように、アドベントストーリーではないけれど、クリスマスが近づいてきたら、一つずつお話を読んでいくのもよさそうです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,320円
1,320円
1,650円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

275円
550円
440円
2,750円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

クリスマスのりんご

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 1
  • 12歳〜 0
  • 大人 8
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら