新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

はのはのはなし」 みんなの声

はのはのはなし 文:中西 翠
絵:山本 孝
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2014年04月
ISBN:9784752006688
評価スコア 4
評価ランキング 25,363
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 最後どうなる?!

    面白くて明るいお話です。

    ただ歯に葉が生える絵はちょっと、、、。

    なんとなく気持ち悪かったです。

    歯が成長していく絵がどうしても

    受け付けられませんでした。

    ただお話はとっても楽しいと思います。

    変な感情を持たなければ問題ないです。

    歯の葉はどうなっていくのか

    最後は想定しない展開でした。

    投稿日:2020/10/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯に葉!?

    言葉遊びではありません。(笑)
    表紙の絵で納得でしょうが、歯に葉っぱが生えたお話です。
    そして、その葉っぱを育てようとしたこうたくんの努力ストーリーでもあります。
    不思議な木は、夢いっぱいです。
    小学生なら、こんな展開にも共感できそうです。
    意外にあっさりとしたオチですが、
    すがすがしいです。
    山本孝さんの絵が軽快に伴走していますね。

    投稿日:2019/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯に生えた葉の話

    歯に生えた葉の話です。(読み聞かせて6〜7分)
    ちょうど歯が抜け変わる時期の子どもに読みました。

    ある日、突然、自分の歯の中に双葉が生えてくる。
    こうたはそれを、大事に育てます。

    水をやり、太陽の光を当てて、風通しを良くし、栄養分も与えます。
    寒すぎても暑すぎてもだめだからと、大好きなアイスクリームを食べるのも我慢します。

    歯の葉が4枚になったころ、お母さんの声に驚いた勢いで歯が抜けて庭に落ちてしまいます。
    そこからが、なんとも奇想天外なお話で…
    次の日の朝、抜けた歯の葉が大きくなり、実をつけ甘いにおいをさせているのです。
    梨よりもみずみずしく、リンゴよりも蜜がたっぷりで桃よりも甘い匂いのするその実の形は、歯そっくり、ちっとも美味しくなさそうな実です。

    子どもが絵だけ見て面白そうと借りてきた本ですが、後半は何となく微妙な感じがしました。

    投稿日:2018/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯の葉の話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    歯の中に葉が生えてきて…というインパクトのあるお話。
    こどもの友達で葉が抜けたという子がいるので、そろそろそういう時期かと思って、タイトルで借りたのですが、歯が抜けるところもあったものもそこはそんなにメインでなかったなと思いました。まあいいのですけど。
    楽しいお話。

    投稿日:2017/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫歯じゃなかった!

    このお話は、男の子の歯の一本からある日芽が出てきて、男の子がその芽を一生懸命に育ててあげるオア話でした。その芽を普通の植物の育て方をもとに育てていたので、その姿がうちの子のツボだったみたいです。うちの子は初め、この芽は虫歯の目だと思っていたんですが、育ってみたらおいしい桃みたいなものがたくさん生えていたので、うちの子も育ててみたくなったそうです(笑)

    投稿日:2017/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • え?虫歯?

    山本さんの迫力ある絵にひかれました!
    歯から葉が生えるって、新鮮!
    でも、最初、「痛い」ってところから
    始まったので虫歯かな?って
    思いましたが…。
    子どもの歯がぬける前兆だったのか〜と
    ちょっと肩透かしな感じもしました。
    荒唐無稽な話ではありますが、
    1年生は自分たちも歯が抜ける時期真っ只中なだけに
    熱心に聞いてくれました。
    オチはなんかちょっといきあたりばったりな感じもしました。

    投稿日:2015/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫歯じゃないのね

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    虫歯の話なのかなと思っていたら,全く違っていました.
    先の読めない展開で,子どもとわくわくしながら読めました.漫画っぽい絵も,子どもたちはおもしろかったようです.
    結局,何の実なのか分からなかったけど,とってもおいしいことだけは間違いないみたいですね.
    話は長めだけど,2歳の息子もけっこう気に入ったようでした.

    投稿日:2015/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • おはなし会で

    図書館のおはなし会で読んでもらいました。
    男の子が、自分の歯から芽を出した小さなふたばを育てようとするという、かなり突拍子もない話なのですが、ユーモアたっぷりの挿し絵と相俟って、とっても楽しいおはなしになっていました。
    子どもたちは男の子の歯がどうなってしまうのか、かなりドキドキだったようです。最後には予想もつかない結末が待っていて、子どもたちはみんな笑顔になっていました。

    投稿日:2014/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんてこったい!

    いやー参りました。
    歯が痛くなったこうたが、口の中を鏡でよく見てみると、なんと、歯の穴の中にごまくらいの葉っぱが生えています。こうたはそれをこっそりと育ててみることにしたのです。育て方がわからなかったので、先生に教えてもらい、それを忠実に守って、健気に育てていきます。あるときは自分の好きなものを我慢して…ところがある日、ポーンと抜けてしまいました。抜けた歯ほとうとう見つからなかったのですが、そのあと、信じられないことが起こりました。まさに奇想天外のできごとでした。このような結末は全く予想していませんでした。歯が抜け変わる頃の子どもたちがこのお話を読んで、どんな反応をするのか見てみたいものです。

    投稿日:2014/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクトはありますが…

    力強い絵に惹かれました。
    歯に生えてきた不思議な葉。
    はにはがはえた…??

    男の子は、歯に痛みを感じたことで、この葉の存在に気づくのですが、それをお母さんに告げずに育てるところは、問題かな〜って思いました。
    このお話を見て、同じように歯の痛みを隠してしまうと、虫歯を進行させてしまうことにもなりかねないし…。

    不思議なお話としては面白いですが、親にとっても気を揉む『歯』がテーマなだけに、ちょっと考えてしまいます。

    うちの子は小学生なので、『お話』として楽しんでくれたとは思いますが、なにかと『試してみたいお年頃』なので、ちょっぴり不安が残りました。

    投稿日:2014/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みんなで参加しよう!えほん祭

みんなの声(10人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット