となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

こんやはてまきずし」 ママの声

こんやはてまきずし 作:五味 ヒロミ
絵:石井 聖岳
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2017年08月
ISBN:9784265081523
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,463
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 美味しそうな手巻き寿司!

    表紙から美味しそうな手巻き寿司に惹かれたようで図書館で借りてと持ってきました。
    4歳の息子はもちろん、2歳の息子もお気に入りの絵本になり、購入しました。
    手巻き寿司の作り方、色々な具材を巻いて食べる様子、子供はワクワクしっぱなしですし、読んでると私も食べたくなります。

    投稿日:2019/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 手巻き寿司が食べたくなっちゃう!

    本屋さんでこの表紙を見た時、思わず美味しそうでお寿司が食べたい気分になりました。
    表紙だけで、これだけのインパクトってすごいですね。

    絵本の内容も裏切りません。
    間違いなく読み終えた後は、今晩のメニューは手巻き寿司にしようかしら?と思ってしまいます。

    サーモンにまぐろに・・いくらばかり食べる弟に鶏のたまごにしなさいという家族。
    いくらは高いという庶民的な目線でのセリフも好感が持てます。
    いかとたこに悩むおばあちゃんにはよく噛んでねというアドバイス。

    手巻きの上手な巻き方までさりげなく教えてくれます。

    一般的な家庭の楽しそうな団欒の手巻き寿司の風景が描かれていて親近感が持てました。

    スペシャルな手巻き!これもなかなか実際には出来ませんが一度やってみたいなー!!

    間違いなく子どもに手巻き寿司をリクエストされそうな一冊です。

    投稿日:2017/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • いつでもお祝い気分

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    我が家のお祝いごとには、手巻き寿司が必須の定番メニューです。そのため、こちらの絵本を読むととても盛り上がります!
    手巻きの巻き方をお父さんが紹介するページがあり、まだ自分で巻けない人にもオススメです。
    息子は、今手伝ってもらうのを嫌う時期なので、手巻きの時は自分でできずに怒り出すのですが、こちらの絵本をみながら巻いたり、イメージトレーニングをこそこそやっています。
    我が家では買えないようなネタの数々に、子どもたちも興奮します。親の私も気分が上がり、何かと理由をつけてお祝いがしたくなります。
    元気が出る絵本です!

    投稿日:2019/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手巻き寿司が食べたくなる

    手巻き寿司って中途半端に具が余ったり、案外食材が高くついたり・・・主婦泣かせのメニューのようですが、子供の頃は時々やってくれたなぁ。
    当時は、めっちゃ手抜き!と思っていたけれど今になって改めて母親の愛情を感じました。

    お父さんが美味しい手巻き寿司の作り方をレクチャーしてくれるのですが「そんなのしってる!」と子供たちが一喝。
    子ども目線というか、食べる人目線なところが、すごくお話に入っていきやすいです。

    もう久しく手巻き寿司を食べていませんが・・・これを読むと確実に食べたくなりますね。

    投稿日:2017/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / おおきなかぶ / せかいいちおいしいレストラン / ダンプくんがどっしーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット