話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ベジベジベジベジ・ベジタブル!高山みなみナレーションDVD付」 みんなの声

ベジベジベジベジ・ベジタブル!高山みなみナレーションDVD付 著:オールト編集部
出版社:オールト
税込価格:\2,530
発行日:2020年01月31日
ISBN:9784434267659
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,823
みんなの声 総数 35
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • すごくよかったです。

    野菜たちが主人公のアニメのようなイラストの絵本ですが、お話の内容に感動します。
    色々考えさせられる深い絵本でもありました。
    キズもの野菜は「廃棄処分」という野菜の街。
    キズがあったら処分、せつないですね。
    人間も外見で悩んだり他と違うからと悩んだり、多かれ少なかれ何かしらキズを負った人もたくさんいます。
    いえ、外見に限らず、みんな少なからず何かしらのキズを抱いているのかも。
    「キズつくことの痛みを知っているから」、この絵本のこの言葉はとても心にきました。
    痛みを知っているからこそ想えることやできること、っていうのがあるのかもですよね。
    希望を感じられる絵本でもあり、また差別こそ無駄なことはないとも思える絵本でもあり、親しみやすい楽しいイラストながら読んでいて深い想いになりました。

    また、小さなお子さんはイラストを見ながら、「この野菜は○○(きゅうりなど)」など指差しで楽しめると思います。
    また「食べ物は大事にね」と子供の食育にもなる絵本かとも思います。

    小さいお子さんから大人まで、幅広い世代で読めるよい絵本に思いました。
    表紙の外見以上に(すみません)心にくる絵本でした。

    投稿日:2020/01/23

    参考になりました
    感謝
    5
  • ベジタブルで、ワンダフル 受賞レビュー

    見た目で敬遠される野菜たち。しかし見た目という壁を乗り越え、未来の扉を開ける。その勇気と友情はコンプレックスを抱えて生きる私達に、ひとつのヒントを与えてくれます。「キズモノ」なんて言うヤツがキズモノさ。見た目で判断なんて、見る目がないね。読み終えたあと、なぜか心のモヤが晴れるような気持ちに。そして誰かにやさしくしたくなるのです。いや、やさしくなるのです。
    読み終えて、4歳の息子が言いました。もう悪口なんか気にしない、と。「覚悟」というほどかっこよくはないし、「決意」というほど揺るぎないものではないが、曲がらない「意志」がそこにはありました。
    アキラメないで、キラメイて。
    これがこの本のメッセージです。

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    3
  • もっと大事なのは 受賞レビュー

    たいていの人は、綺麗だったり恰好良かったりする人に憧れ、自分もそうなりたいと思うでしょう。それはきっと文字が生まれる前、言葉らしい言葉を発する前の遥かな昔からあったのでしょう。
    確かに、見栄えが良いということは良いことなのでしょう。でもだからといって、見栄えが悪いことが悪いことではないはずです。大事なのは心のはずです。

    この絵本の主人公は、ナスのナッスです。
    始めはなんの傷も負っていなかったナッスが、ある出来事で体に傷を負います。
    体に傷のある野菜は捉えられて処分されてしまう。ナッスは逃げ回ります。
    でも逃げ回る中で傷のある野菜たちと出会い、大事なのは傷があるかどうかではなく、心がこもっているかどうかなんだということに気付きます。

    自分や他人の見た目をとても重要視する今の世の中で、子どもたちがそれに染まりませんように。
    この絵本には、そんな願いが込められているように感じます。

    投稿日:2020/01/27

    参考になりました
    感謝
    3
  • お話は容姿とその偏見について描かれており、

    小学校1年の子供と読み終わってから、
    偏見について一緒に考えました。

    善悪がしっかりしたストーリーになっており、
    見た目で偏見を持つことは悪いことという事を理解したようですが、

    どちらかというとうちの子は、
    バンドをしているナスの主人公がかっこよかったようで、
    YouTubeの歌が聞きたいと何度もせがまれますw

    投稿日:2020/01/23

    参考になりました
    感謝
    3
  • 新しい絵本

    • た〜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県

    絵本の絵は綺麗に描かれていて、内容も分かりやすい。漫画やアニメのような感覚で見ることができ、すーっと頭に入ってきます。内容もさることながら、ベジベジの歌が最高!思わず口ずさんでしまいます。CD出たら絶対買います!

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • ナッス達が教えてくれること

    アニメのような絵なので、書店で見つけたら、子どもたちは喜びそうだなあ。でも、私は手に取らないだろうなあと思いながら、全ページお試しで読ませていただきました。
    そうしたらなんと!思いがけず(すみません笑)感動して、ナッス達の大ファンに…笑笑。
    いろいろ考えさせられる深い内容で、最後まで楽しく読め、子ども達にも是非紹介したいと思いました。歌があるのでみんなで楽しめそうですし、DVDもついているので、子どもたち喜ぶと思います!
    最近の世の中は、自分ファーストで、外見や考え方の違いを受け入れられずに排除する方向に進んでいるように思います。偏見を持つことなく、心と心を通いあわせることができたなら、平和な世界になるんだと、ナッス達が身体を張って教えてくれているように感じました。傷つきながらも諦めず、知恵を出し合い、夢に向かって頑張るナッス達の姿に、頑張って!とエールを送りながら、私達のほうこそ、ナッス達から、世界平和のために、できることを、諦めずに考えろよって、エールを送られているような気がしました。
    今度からは、書店で出会ういろいろな絵本も、偏見を持たずに手にとってみようと思います。ナッス達に出会えて良かったです!

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大人にもぐっときます

    • ワグマさん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都

    高山みなみさんが朗読されているとのことで興味を持ちました。

    今の世の中に一番大切なメッセージの入った物語だと思います。
    大人が読んでも色々思うことが出来る作品ですね。
    小さいお子様には音楽やダンスも加えて読み聞かせられれば楽しいし、キャラクターはどの年齢層が見ても可愛いくて、最近の絵本ってこんなことになっているんだと驚きました。

    ただ、これを読んだお子様方がナッス達を好きになりすぎて、
    ナスやニンジンを食べるのを「かわいそう!」って躊躇しないか心配です!

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 華やかだけど、堅実に。

    絵柄もさることながら、歌にナレーションにと、とにかく豪華な絵本だなと感じました。
    しかし嫌味な感じがしないのは、内容がとても謙虚で、堅実だからなのだと思います。

    ストーリーはシンプルに、”子供に伝えたいこと”を真摯に綴っています。
    ややボリュームがあるため、読み聞かせるには骨が折れるかもしれませんが、読み終えた後、きっと得られるものがあるでしょう。

    かくいう我が家の子供たちも、少しだけ、嫌いな野菜に挑戦しようと奮起してくれました。笑

    投稿日:2020/01/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 道徳の授業教材でもいいのでは!

    YouTubeのナレーション付き映像でも拝見しました。

    若い野菜たちが夢を追いかけ都会に出てきて、
    外見に傷がついて「キズモノ」となってしまったことで
    他の野菜たちから迫害されてしまう。

    一度は自暴自棄になってしまった野菜が
    ありのままの姿で夢を諦めずに頑張ることで民衆たちの心をつかみ、
    最終的にはキズモノ野菜たちも住みやすい街になるというお話。

    自分の見た目にコンプレックスを感じてしまったり、
    他人を見た目で判断してしまいがちな
    多感な時期の小学生にピッタリの内容だと思います。

    途中に歌もあり、楽しみながら学ぶことができるので
    道徳の授業教材としても使えるのではないでしょうか。

    ただ、子供への読み聞かせには少し長いので、
    せっかくナレーションが付いているので
    そちらを活用しようと思います。

    投稿日:2020/01/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 新しい感覚

    アニメを見ているような新しい感覚の絵本です。
    Youtubeで曲が聴けたり、公式サイトがあったり、DVDでナレーション付き動画があったり。
    何もかもが新しいですね。
    初めはちょっと戸惑いましたが、内容は教育的な面もありきちんとしていて、そして読みやすい。
    意外に大人も楽しめました。
    こんな風な絵本が増えていくのかなと思いました。

    投稿日:2020/01/28

    参考になりました
    感謝
    2

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / ぐりとぐら / NIPPER−His Master’s Voice−(ニッパー ヒズマスターズヴォイス) / くまくん、じゅんびは オーケーかい?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

全ページためしよみ
年齢別絵本セット