新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ」 みんなの声

大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ 作・絵:はらだ たけひで
出版社:冨山房インターナショナル
税込価格:\1,760
発行日:2007年06月
ISBN:9784902385410
評価スコア 4.18
評価ランキング 22,246
みんなの声 総数 10
「大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 無垢な画家の物語

     シックな色にシンプルなシルエットの絵の表紙。どんなお話なのかな、と興味しんしんでページをめくりました。

     グルジアの画家、ピロスマニのお話でした。子どもは、地球儀でグルジアの場所を見つけて、読みました。
     無垢な画家の一生に、静かに深く感動しました。ピロスマニ本人は、幸せだったんじゃないかなと、私は思いました。

     ピロスマニの絵は、今はもう見ることができないそうです。それでも画家の想いは残っているんだなと思いました

    投稿日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ポケモントレーナーみゆきです。
    この本は、表紙からも哀愁が伝わってきて、もしかしたら悲しいお話なのかな、と想像しながら手に取った1冊です♪

    この絵本は、実話をもとのに描かれている物語でした。
    ほのぼのとした自由な時間、伸び伸び描かれている動物の絵。
    そんな芸術家さんが戦争に巻き込まれ、世の中から心の余裕がなくなっていき、みんな絵に関心を持たなくなっていってしまう。
    そしてその絵を描いた芸術家さんの記憶も薄れていく。

    どこか懐かしい、でも切ないような、暖かさもある不思議な感覚になります。
    作者の想いが伝わる1冊です!
    是非読んでみてください♪

    投稿日:2021/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵

    全ページ試し読みで読みました。

    グルジアの画家・ニコ・ビロスマニの絵だということですが、

    無知な私は、初めて耳にした名前でした。

      「絵をかくことは 愛すること   

        この世の うつくしいもの すべてを」

    どのページの絵も素直な美しい絵だなあと思いました。

    投稿日:2019/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見てみたい絵

    全ページ試し読みで読ませて頂きました。
    ニコ・ピロスマニ
    知らなかったです。とても興味がわきました。
    実際に彼の絵を見てみたいです。
    でも、叶わないとか…残念です。
    この絵本自体、絵が美しく、詩のような言葉も素敵です。
    大人向きですね。

    投稿日:2018/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • まるで夢の中を描いたような

    ひとりの絵描きの姿が、この絵本に閉じ込められています。

    どんなものも、指を動かせば たちまち夢のように描いてしまう。
    その姿は、きっと魔法使いのようだったでしょう。

    人を感動させること、喜ばせることは、
    魔法なのかもしれませんね。


    詩のような美しい文章と、
    まるで夢の中を描いたような幻想的なイラスト。
    大切にしたくなる絵本です。

    投稿日:2013/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心が和む

    グルジアという国に実在した画家、ニコ・ピロスマニに対して、作者がその絵を愛し、広めたいという思いが詰まったお話です

    彼の描いた「女優マルガリータ」のエピソードは、かつて加藤ときこが歌った「百万本のバラ」に登場する画家のモデルとなっているらしい
    ですね
    絵本のイラストはピロスマニの絵をモチーフにしていると、巻末に記してあるとおり、かなり繊細に描かれてます
    人づきあいが下手だった彼の一生は薄幸なものでしたが、没後国民的画家となったそうです
    絵を見ていると心が和みました

    投稿日:2012/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとってもきれい

    吸い込まれていくようでした。深い本でしたがやわらかくきれいな絵が読みやすくしてくれてる本でした。
    大人の本です。

    投稿日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピロスマニへの想い

    放浪の画家ニコ・ピロスマニの伝記てきな絵本です。
    作者はらださんのピロスマニへの思いが、ピロスマニの絵をモチーフにした絵も加え、ピロスマニ礼賛絵本に仕上がりにしています。
    ピロスマニはグルジアの放浪画家。
    絵で貧しい暮らしを支える画家でした。
    内乱で翻弄され、人々から忘れられる時期もあったようですが、地についた素朴な絵が人々の共感を得たといいます。
    ピロスマニのことはあまり知らない私ですが、この絵本ははらださんの詩画集としても制度が高いと思います。
    絵を楽しみながら、ピロスマニに思いをはせる、そんな絵本です。

    投稿日:2011/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 至極の詩文

    • 小代直枝さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子20歳

    すばらしい!
    どこまでも切なく、美しく、胸に刺さるすべての言葉!
    その時代を生き、暮らし、感じたものにしかかけない感動があります。
    すべての人々に聞かせたいです。
    恐ろしい現実を極めて幻想的に、そして優しく表現されています。
    ただ、読み聞かせていると、胸が詰まって涙が止まらなくなってしまいそうです。
    何度も読んで、涙を流しきってからにしましょう。
    遠い国が経てきた歴史と人々を思いながら、
    誰かに読んであげます。

    投稿日:2011/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な作品の紹介絵本

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    影絵?かな?切り絵?
    と、表紙の絵が気になり
    興味津々で「全ページ試し読み」で読ませていただきました

    画家という職業は
    その時代により受け入れ方が違うような気がします
    ただ、上手とか好きとかの世界ではないし
    その人のカラーというか個性というか

    作品としての価値も
    歴史的にもいろいろ
    場所でもいろいろ

    観る側の好みもあるでしょうし
    その時々の気持ちもあるでしょうし

    作品として、永遠に残る・・・
    残ればいいー
    ただ、それだけでなく、その作家さんの一生を
    考えての作品

    文も詩的で簡潔
    それでいながら、心に沁みました

    大人にもいいし
    小学生にも薦めたい作品です

    実際の絵を観てみたいですね

    投稿日:2011/05/03

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット