新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ルドルフとイッパイアッテナ」 みんなの声

ルドルフとイッパイアッテナ 作:斉藤 洋
絵:杉浦 範茂
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:1987年05月
ISBN:9784061335059
評価スコア 4.9
評価ランキング 9
みんなの声 総数 47
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 冒険あり、友情あり、そして教養あり!

    この本はみなさんの評価が高かったので、読んでみたものです。
    本を手にとって、びっくり!大人の本並みのページ数に文字数…
    長い本も読み始めていましたが、さすがにこれはどうかな?と
    思いながらもとりあえず読んでみることに…
    そしたら、これがおもしろいのなんのって!
    8歳の息子どころか私もそして、まだ年長さんの娘までが
    はまってしまいました。
    この本には、友情や親が子供に教えなければならないのに、
    うまく伝えられていないことがたくさん書いてあります。
    中でも教養という言葉が何度もでてきます。
    教養なんてことばは始めて聞く言葉で、きっと意味もわかってないと
    思いますが、この本を読んでいくうちになんとなくわかって
    くるんだとうなと思います。
    小学生に読んでもらいたいです。

    投稿日:2010/11/17

    参考になりました
    感謝
    4
  • 友情!!!

    児童書を読み始めた息子のために、いろいろ楽しい児童書をさがしていたときにこの本に出会いました。
    園児の息子にはまだちょっと早いかなと思い、まずは私が読んでみよう、と読んだところ・・・・はまりました!!

    まずは、正面から「この本はネコの自分が書いた」と明言してある設定にやられました(笑)。
    動物が主役で、動物の一人称の物語は他にもありますが、自分が書いただなんて・・・
    でも、その設定は全然無理やりじゃなくて、ちゃんと説得力があるんです。(詳しくは読んでみていただきたい)

    イッパイアッテナ(これも実はネコの名前)との出会い、友情。
    のんびりした雰囲気の前半から、物語は後半に急展開します。
    すっかり引き込まれて一気に読んでしまいました。

    これは絶対、子どもがもう少し大きくなったら手にとってほしい本です。
    続編も、早速読んでみなくては。

    投稿日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    3
  • 星5つじゃ足りません

    本を読むことに興味を持ち始めた息子の気持ちが途絶えないような本を探して、この本を見つけました。
    皆さんの評価も高く、レビューを読ませていただくと、とても楽しそうで、選びました。
    読んだ結果は、本への興味が薄まるどころか、興味倍増したようです。
    ネコが書いているせいか、とてもリアルでしたし、子供がわくわくするような話が随所にちりばめられていて、絶妙でした。絶対おすすめです。評価は星5つでは足りないですね。

    投稿日:2015/04/30

    参考になりました
    感謝
    2
  • 面白い本だと思います!

    • ★鈴★さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 広島県

     私は、一年ぐらい前に学校の本棚でこの「ルドルフとイッパイアッテナ」をみつけて読み始めました。
     ルドルフが、どこかわからない土地でいろんな猫に出会い、その猫たちの力を借りて、もと居た「岐阜」に戻るためがんばる・・・
     そんな感じの、冒険(?)もののお話です。
     ちょっと分厚い本なんですが、とても面白いので、読んでみてください!

    投稿日:2009/07/29

    参考になりました
    感謝
    2
  • 一人で読むよりも、感動は深かった

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    ルドルフとイッパイアッテナに初めて出会ったのは
    大人になってからでした。
    お勧めされていて読んだのですが、
    面白いとは思いましたが、
    特に印象には残りませんでした。

    でも、小学2年生の息子にそろそろどうだろうと読むと、
    思っていた以上に文章量が多く、
    毎日1章ずつ読んでいたら、2週間以上かかりました。
    でも、年中の息子もはまり、子どもたちは身もだえしながら
    「読んで」コールをし、最後の方は数章ずつ読みました。

    面白いだけでなく、人(猫?)情深くて、
    特に最後の方は涙が出そうになりながら読みました。
    ゆっくり読むことで、さらっと読み流さず、
    ルドやイッパイアッテナのことを身近に感じることができ、
    一人で読むよりも、感動は深かったです。

    投稿日:2020/07/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 出会えてよかった☆最高の児童書。

    NHKのてれび絵本で第15話ぐらいを放送しているのをみかけたことがこの本との出会いでした。途中からだったので内容はサッパリわからないけれど、珍しく絵本じゃなくて児童書。長い絵本なら前半後半にわけて放送することもあるでしょうが、これは第15話!というのにビックリ。それだけ細分割してでも放送したい、よっぽど素晴らしい作品なんだろうと期待大で、購入しました。

    期待以上の面白さでした。小1の娘も気に入ってくれましたが、親の私の方が気に入りすぎて2冊目、3冊目もむさぼるように読みました。
    あー!子供の頃出会いたかったー!でも大人の読者の心に響くセリフも多数。トラ名言集を頭に叩き込むために、何度か読み直しています。「教養」という言葉が強く美しい言葉に感じました。
    小1の娘にも小4になったときにまたもう一度読んで欲しい名作です。

    読み聞かせボランティアで小学34年生のクラスにお邪魔するときは、絵本を読んだあとに、この本をオススメして帰るというのが日課です。

    投稿日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • あわてて住所を覚えました

    みるからに分厚い本なので、「まだうちの子には無理かな〜?」と思っていましたが、斉藤洋さんの本がおもしろいと知っている我が子は、自分で図書館で借りて持ってきました。

    読み始めたら、最高におもしろくて止まりませんでした。

    迷い猫のルドルフが、トラねこのイッパイアッテナに住所の仕組みを教えてもらうシーンを読んだ後に、
    「自分の住所は覚えとかな、あかんなあ」
    と言ったら、次の日には完璧に住所を言えるようになっていました。

    勉強が何の役に立つのか、わかりやすく意味を教えてくれるので、小学校低学年の子供にオススメです。

    投稿日:2010/11/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • 映画も良いけど、読書でじわじわ楽しめる。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子5歳、女の子1歳

    ひょんなことから長距離トラックに乗って東京にやってきた黒猫のルドルフ。地域のボス猫で人間の文字が読み書きできる「イッパイアッテナ」たちと出会い、野良猫として生活し始めることになり…。分量が結構ありますが、楽しく読めました。

    投稿日:2021/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分からあまり本を読みたがらない息子を心配して寝る前にずっと読み聞かせをして約7年くらいになりました。
    このシリーズは読み聞かせをしている私も、息子も、そしてそれを別の部屋からコッソリ聞いている、家族も、お腹を抱えて笑ったり、涙したり毎晩とても心待ちして展開を楽しめた本です。この本のおかげで息子は本が好きになりました。
    友情、家族の愛、絆、色んなことを学び、いつしか何度も何度も繰り返し読むことをせがまれらようになりました。このシリーズは一生の宝物ですし、また続きがでたら大きくなっても、つい買ってしまうと思います。

    投稿日:2021/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう高校生になった息子が大好きだった「ルドルフとイッパイアッテナ」。
    このたび8年ぶりに5冊目の新刊「ルドルフとノラねこブッチー」が出たのを機に、1巻から読み直すことに。

    この作品自体は30年以上前に書かれたものですが、今読んでも全く古さは感じないし、やっぱり面白かったです。
    世の中には沢山の本があって、一度読んだらもう十分な本もあれば、繰り返し何度も読みたい本もあります。この作品は間違いなく後者でしょう。

    まずこの本がルドルフ自身が書いた設定になっているのが面白い。そしてそれを作者の斉藤洋さんが清書して出版したのだと。
    斉藤さんにとってこの作品がデビュー作とのことでしたが、子どもたちはペンギンシリーズやナツカシリーズも大好きでよく読んでいました。
    杉浦範茂さんの挿絵も良いですね。

    とにかく話のテンポが良くて、展開もドキドキワクワク、続きが気になってどんどん読めてしまうので、小学校低学年の子にもオススメです。
    冒険、友情、教養、イッパイアッテナのちょっとしたつぶやきも、人として(猫として?)大切なことを沢山教えてくれる作品です。

    投稿日:2020/07/05

    参考になりました
    感謝
    0

47件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ ロシアの昔話

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


えほん新定番 from 好書好日

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.9)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット